ラフプレーとはサッカーの試合をぶち壊す非紳士的行為!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーの試合を見ているとたまにラフプレーって言葉を聞きますよね?

 

普通の試合ではほとんど起こらないラフプレーですが、日本とあまり仲が良くないアジアの国と日本代表が試合をするとけっこうラフプレーが起こります。

 

ラフプレーは選手にとっても危険ですし、見ている人も不快になりますよね。

 

サッカーは紳士のスポーツですからもっと正々堂々と試合をしてほしいものです!

 

ということで、今回はラフプレーとはについてご紹介していきます(^^)

 

 

ラフプレーとは?

 

ラフプレーとは危険なプレーや乱暴なプレーのことです!

 

ラフプレーはrough playと書き、訳は乱暴なプレーという意味です。

 

相手チームに敵対心が強い時に起こりやすいのがラフプレーですね。笑

 

まぁ簡単に言うと、相手チームが嫌いな時は相手選手を怪我させるくらいの気持ちでプレーをするので乱暴になるってことですね!

 

当然相手が怪我するようなプレーはラフプレーですね!

 

ちなみに、ラフプレーというのは日本でしか使われてないみたいです(^^)

 

 

 

ラフプレーはどんなプレー?

 

ラフプレーラフプレー言っていますけど、実際どんなプレーがラフプレーなのでしょうか?

 

ラフプレーと呼ぶプレーをざっと挙げてみますね!

 

・ひじをぶつける

・足を狙ったスライディング

・過度なショルダータックル

・普通に殴る、蹴る

・噛みつく

・服を引っ張る

・踏みつける

 

まぁラフプレーはもっとあるかもしれませんが、ざっとこんな感じの危険で乱暴なプレーですね!

 

殴るとか噛みつくとかはラフプレーとか言う前に人としてどうかと思うようなプレーであり行為ですよね(^^;)

 

ラフプレーをする人はサッカーを楽しみたい人を不快にさせますからやめて欲しいですね。

 

<Sponsored Link>

 

ラフプレーをするとどうなる?

 

ラフプレーは相手を危険にさらすプレーですが、ラフプレーをするとどんなペナルティがあるのでしょうか。

 

ラフプレーをすると反則となりファールを取られます

 

ファールだけで済めば良いですが、最悪の場合は退場処分になることもありますね!

 

相手選手を危険にさらし見ている者を不快にさせるのですからひどすぎるラフプレーは退場処分も妥当でしょうね。

 

一時の気持ちの高まりでラフプレーをしてしまう気持ちもわからなくもないですが、退場になればチームに迷惑がかかることになりますからグッと怒りを抑えて欲しいですね!

 

自分の気持ちをコントロールできる選手こそ真の一流選手ではないですかね(^^)

 

 

 

ラフプレーの判断は審判次第

 

スライディングやタックルにはラフプレーかラフプレーではないか微妙なプレーもありますよね。

 

最終的にラフプレーかそうでないかを判断するのは審判です!

 

スライディングが足にいっているように見えてもラフプレーの判断は審判に任されていますし、過度なタックルにしても審判が正当なチャージと判断すればラフプレーにはなりません。

 

この辺がラフプレーの難しいところですが、審判も人間ですし判定を間違うこともあるということは覚えておきましょう。

 

おそらく審判も全力で試合に取り組んでいるはずなので、選手がラフプレーをしないように試合をさばいて欲しいですね!

 

 

 

まとめ

 

ラフプレーとはについてご紹介してきました!

 

ラフプレーとは選手にとって危険なプレーや乱暴なプレーのことです!

 

スライディングやタックルなど正当なプレーのように見えても、相手を怪我させるような勢いでいけば当然ラフプレーになります。

 

ラフプレーはファールとなり最悪の場合退場にもなります。

 

相手にも味方にも迷惑がかかるのでラフプレーはしないようにしたいですね!

 

またラフプレーの判断は審判に任されているので、ラフプレーが起こらないように試合を管理するもの審判の重要な役割です!

 

サッカーをやっている人も見ている人も不快にさせるラフプレーがなくなるように願っています(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語