サッカーのチャージを詳しく知りたいならコレ見てみ!

      2017/11/23

<Sponsored Link>

 

サッカーには耳慣れない用語がたくさんあります。

 

その中の一つにチャージというものがありますね。

 

普通に考えればチャージとは充電や入金という意味ですが、サッカーではそんなものありませんからね。笑

 

ということで、今回はサッカーのチャージとは何なのかということについてご紹介していきます(^^)

 

 

チャージとは?

 

サッカーのチャージとは相手に体を当てることを言います。

 

チャージと言うのは体当たりすることという意味もあるのです。

 

サッカーでは主にショルダーチャージのことをチャージと言います。

 

ショルダー(肩)でチャージ(体当たり)することですね。

 

サッカーのチャージはショルダーチャージと言ったり、チャージングとか言ったりするので覚えておくといいかもしれません(^^)

 

 

 

チャージの反則

 

サッカーでは過度なチャージを反則としていてファールをとられます。

 

どのようなチャージが反則になるかと言うと、相手選手に怪我を与えそうな危険なチャージがファールになります。

 

サッカーは紳士のスポーツですから、相手選手にケガをさせるような行為は反則になるのです。

 

 

では、サッカーのチャージはどこからどこまでがファールなのかと思いますよね?

 

ファールになるような過度なチャージを具体的に説明するのはなかなか難しいです。

 

どうしてかと言うと、チャージのファールは審判によって判断が違うからです。

 

肘を使ってチャージにいくなどは誰の目から見ても危険ですので確実にファールになりますが、ショルダーチャージにおけるファールの判断は審判によってバラバラなのです。

 

審判によっては正当なチャージでもファールをとる場合があるので、その時は審判の判定を受け入れるしかないのです。

 

 

 

キーパーチャージ

 

サッカーにはチャージはチャージでもキーパーチャージと言うものもあります。

 

キーパーチャージというのは文字通りゴールキーパーにチャージ(体当たり)することで、反則になります。

 

キーパーが派手なショルダーチャージなどを受けることは少ないですが、セットプレーなどでは体がぶつかることもあります。

 

そんな場合でもゴールキーパーの安全を守るため、キーパーへの過度なチャージもファールになるという訳です。

 

<Sponsored Link>

 

チャージのコツ

 

サッカーではファールを取られずに上手くチャージできる選手がいます。

 

ちなみに私もけっこう良いチャージをすると褒められていました。笑

 

 

ということで、サッカーでのチャージのコツについてご紹介します。

 

 

体を入れる

 

私が良いチャージをするために心掛けていたのは、相手とボールの間に体をねじ込むことです。

 

相手選手の体に直接ショルダーチャージをするとファールを取られてしまうこともあるので、できるだけ相手の体にはぶつからないようにして、ボールを奪うようにしていました。

 

相手がドリブルしているとボールが一瞬足から離れる瞬間があるので、その瞬間を見極めて体をねじ込むのがコツです。笑

 

 

気持ち

 

チャージのコツは何といっても気持ちだと思います。

 

相手からボールを奪ってやる、相手には当たり負けない、という気持ちが良いチャージのコツです。

 

体つきや実力が同じくらいの場合、最後に決め手となるのはやはり気持ちですので、気持ちでは負けないようにするべきです!

 

 

 

まとめ

 

サッカーのチャージについてご紹介してきました!

 

サッカーのチャージとは体を当てることです。

 

チャージは野蛮だなと思うかもしれませんが、体と体のぶつかり合いがサッカーの醍醐味でもあります。

 

チャージも含めてサッカーを楽しんで頂けたら嬉しいです(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語