フリーキックの直接と間接は反則の違いで分かれている!

      2017/07/24

<Sponsored Link>

 

サッカーの試合でフリーキックから点が入ると興奮しますよね(^^)

 

無回転やカーブなど選手によって得意な蹴り方は違いますが、フリーキックはサッカーでの大切な得点源となります!

 

ただ、フリーキックを直接ゴールに決めても点にならない時があるのです。

それが間接フリーキックの場合です。

 

サッカーには直接フリーキックと間接フリーキックがあります。

それぞれのフリーキックは反則の種類によって分けられていますので、フリーキックの反則の違いについてご紹介します(^^)

 

フリーキックの簡単な説明

 

直接フリーキックとはボールがゴールに直接入っても得点になるフリーキックのことです。

 

一方、間接フリーキックとはボールがゴールに直接入っても得点にならないフリーキックのことです。

間接フリーキックは蹴る選手以外のプレーヤーが一度ボールに触れないと得点が認められないのです。

 

サッカーのフリーキックは2種類あるので、直接フリーキックなのか間接フリーキックなのかの違いがわかるともっとサッカー試合を見るのが面白くなりますよ(^^)

 

 

直接フリーキックと間接フリーキックの反則の違い

 

直接フリーキックになる反則

 

直接フリーキックは主に相手から受けた反則(ファール)によって得られるフリーキックと覚えるのがよいでしょう!

 

試合中によくある直接フリーキックとなる反則は次の通りです!

 

・相手を蹴る

・相手を押す

・相手を抑える

・相手に飛びかかる

・相手を転ばせる

・相手へ必要以上にチャージする

・意図して手や腕でボールに触れる

 

 

 

間接フリーキックになる反則

 

間接フリーキックは主に自分たちのミスが反則(ファール)となり相手に与えてしまうフリーキックと覚えましょう!

 

間接フリーキックとなる反則は次の通りです!

 

・キーパーが味方から足で返されたボールに手で触れる

・キーパーが味方からのスローインを手で触れる

・キーパーがボールを6秒以上手で持ち続ける

・キーパーが手から放したボールを他の選手が触れる前に再び手で触る

・相手選手への進路妨害

・オフサイド

 

<Sponsored Link>

 

フリーキックの直接か間接かの見分け方

 

もしもフリーキックが直接なのか間接なのかわからない時は主審を見ましょう!!

 

主審が反則の地点を手で指していれば直接フリーキックです!

 

一方、主審が手を空高く挙げていたら間接フリーキックとなります!

 

 

まとめ

 

直接フリーキックと間接フリーキックの反則の違いは次の通り簡単に覚えましょう!

 

相手から受けた反則(ファール)によって得られるフリーキックが直接フリーキック。

自分たちのミスが反則(ファール)となり、相手に与えてしまうフリーキックが間接フリーキックです。

 

慣れるまでは主審の動作で確認したり、テレビなどで直接と間接の違いを勉強するのがよいですね(^^)

 

<Sponsored Link>

 - ルール