サッカーでスルーパスを綺麗に成功させる3つのコツ!

      2019/05/01

<Sponsored Link>

 

サッカーで見ている人をあっと言わせるプレーがスルーパスです!

 

そこにパスを出すのかという驚きが私にはたまりません。笑

 

なので、私は自分がサッカーをやる時もスルーパスで見ている人を楽しませたいと思います。

 

スルーパスが決まれば自分自身の満足感もハンパではないですしね。笑

 

 

という訳で、今回は私の経験からサッカーでのスルーパスのコツについてご紹介していきます(^^)

 

 

スルーパスとは?

 

まずはスルーパスについて簡単にご説明します。

 

スルーパスとはディフェンスラインなどの裏に走りこむ味方選手に相手の間を通るパスを送ることです。

 

スルーパスは文字通り、スルー(through・通り抜ける)なパスのことです。

 

 

 

常に周りを見る

 

まずサッカーでスルーパスに必要なコツの1つ目は常に周りを見ることです。

 

周りを見ること、即ち状況判断が大切になります。

 

スルーパスは相手選手の間を通してパスを出すので、常に相手選手の位置や味方の位置を頭に入れておく必要があります。

 

スルーパスは適当に蹴っていては絶対に成功しないので、スルーパスが通る状況を瞬時に判断しましょう。

 

状況判断のコツは慣れです。

 

繰り返し行うことが大切ですので、諦めず練習してみてください(^^)

 

 

 

未来をイメージする

 

サッカーでスルーパスを成功させる2つ目のコツは未来をイメージすることです。

 

未来と言っても1秒2秒先の未来でオッケーです!

 

スルーパスの目的は味方の選手が相手選手の裏でボールを受けられるようにすることです。

 

つまり、スルーパスはパスを出した瞬間にパスが成功するのではなく、1秒2秒経った時に味方にボールが渡っていて初めて成功と言えるのです。

 

なので、1秒か2秒経った後にスルーパスが成功している映像をイメージすることが大切なのです!

 

<Sponsored Link>

 

正確なパスの技術

 

3つ目のスルーパスのコツは正確なパスの技術です。

 

パスの技術なんてコツでもないような気もしますがね。笑

 

スルーパスは走りこむ味方選手にパスをするので、当然狙った場所にパスできる技術が必要になりますね。

 

またスルーパスは強すぎても弱すぎてもダメなので、狙ったところに絶妙な力加減でのパスが必要です。

 

 

スルーパスに必要なパスの質はコツよりも経験が重要です。

 

パスの質もやはり練習や試合でしか磨かれないのでどんどんトライすることをオススメします。

 

 

 

まとめ

 

サッカーのスルーパスのコツについてご紹介してきました!

 

重要なのは常に周りを見て状況判断をすること未来をイメージすることです。

 

やはりスルーパスをさらっと決める選手はカッコイイですからね(^^)

 

あなたもスルーパスのコツをマスターして、スルーパスをバシバシ成功させてください!

 

<Sponsored Link>

 - パス