サッカーのダイレクトパスを誰でも簡単に蹴るためのコツ!

      2017/05/15

サッカーのダイレクトパスを誰でも簡単に蹴るためのコツ!

 

<Sponsored Link>

 

サッカーではダイレクトパスはとても有効な技です!

 

相手が来る前にパスができるので簡単にはボールを奪われませんし、こちらの攻撃のスピードも上げることができます!

 

そんなダイレクトパスですがやってみると意外と難しかったりしますよね。

 

狙ったところに蹴れないとかボールが上に浮き上がってしまうとかで悩みますよね。

 

ということで今回はサッカーで上手にダイレクトパスをするためのコツについてご紹介していきます(^^)

 

 

軸足の近くまでボールを引き付ける

 

サッカーで上手くダイレクトパスをするためのコツの1つ目は軸足の近くまでボールを引きつけることです!

 

軸足から離れたところでボールを蹴ると、ボールに当たる足の面が上を向いてしまいボールが上に飛んで行ってしまいます。

 

簡単に言うと、ボールが軸足から離れた状態で蹴ると、ボールの下側を蹴ることになりボールが上に浮いてしまうということですね。

 

という訳で、ボールを軸足の近くまで引き付けることでボールの真ん中から上を蹴れるようにするという訳です!

 

 

試しにボールを軸足近くでダイレクトパスするのと軸足から離してパスするのを比べてみると違いに驚くでしょう!

 

 

 

足をかぶせる

 

2つ目のダイレクトパスのコツは足をかぶせることです。

 

かぶせるというのは、足を上からかぶせてボールを蹴るようにするということです!

 

上から足をかぶせて蹴ることによってボールの真ん中から上を蹴りやすくなり、ボールが上に浮かなくなります。

 

また、かぶせて蹴ると強いボールをダイレクトで蹴ることもできるようになるのでおススメです!

 

<Sponsored Link>

 

あごを引く

 

サッカーのダイレクトパスのコツの3つ目はあごを引くことです。

 

あごを引いて下げることで上半身が前かがみにできるので、ボールを軸足の近くに引き寄せやすくなりますし、ボールに強い力を加えやすくなります!

 

ボールを蹴る瞬間にあごを下げれば良いのでそこまで過剰に意識しなくても良いですが、蹴る瞬間はしっかりとあごを引いてください。

 

ダイレクトパスに限らずパスする時にはあごを引いた方が強いパスをできますので、あごを引くというコツを覚えておくと良いでしょう!

 

 

 

ボールを押し出すイメージ

 

サッカーで良いダイレクトパスをするためのコツの4つ目はボールを押し出すイメージで蹴ることです。

 

ボールを蹴るのではなく押し出すのです!

 

ボールと足ができるだけ長く接するようなイメージで蹴ると言えばわかりやすいでしょうか。

 

ダイレクトパスの時はできるだけボールを前方へ押し出して蹴るようにするのがコツです。

 

押し出すイメージを持ってダイレクトパスをすれば、ボールの中心から上を蹴れますのでミスなく思うようなダイレクトができるはずです!

 

 

 

まとめ

 

サッカーでダイレクトパスを上手く蹴るコツをご紹介してきました!

 

気を付けて欲しいのはボールの真ん中から上を蹴るようにするということです。

 

ボールの真ん中から下を蹴ると上に浮き上がってしまい、良いダイレクトパスとは言えませんので気を付けて下さい。

 

今回はより確実なダイレクトパスのコツをご紹介しましたので是非試してみて下さい!

 

あなたのダイレクトパスが上達することを願っています(^^)

 

<Sponsored Link>

 - パス