サッカーで鉄壁のディフェンスに必要なコツは5つだけ!

      2019/04/30

サッカーで鉄壁のディフェンスに必要なコツは5つだけ!

 

<Sponsored Link>

 

サッカーでディフェンスの時にもっと上手く守りたいなと思ったことがありませんか?

 

相手を簡単に止めるためのコツがあったらいいなとか1対1に強くなるコツがあればいいなとか思いますよね?

 

という訳で、今回は私の経験からサッカーのディフェンスが上手くなるコツをご紹介します(^^)

 

自分で言うのもアレですが、私は現役時代の監督には結構良いディフェンダーだって言われていましたよ。笑

 

 

ボールをよく見る

 

サッカーのディフェンスを上達させるコツの1つ目はボールをよく見ることです!

 

サッカーってボールを使ったスポーツですよね?

 

ディフェンスって相手からボールを奪えばいいんですよね?

 

ということは、極論相手なんか見ないでボールだけを追ってボールを奪えばいいということになります!

もちろん、相手の動きも少しは気にしますよ。笑

 

 

ということで、ディフェンスをやるならボールだけは絶対に見失ってはいけません。

 

ボールをしっかり見ていれば相手のボディフェイントに惑わされることもありませんからね!

 

 

 

腰を落とす

 

サッカーのディフェンスのコツの2つ目は腰を落とすことです!

 

腰を落として次の動きへの準備をしていてほしいのです!

 

棒立ちでディフェンスする人はいないと思いますが、棒立ちだとディフェンスの反応が遅れるのはわかりますよね。

 

良いディフェンスをするなら中腰の姿勢でかかとを浮かせて相手の攻撃への準備を忘れないでください(^^)

 

 

 

相手に合わせて下がる

 

サッカーで良いディフェンスのコツの3つ目は相手に合わせて下がることです!

 

相手に合わせて下がるとは相手のドリブルに合わせて自分も少しずつ下がり、足を出して一発でかわされないようにすることです!

 

ディフェンスは場合によっては最後の砦になってしまうことだってあります。

 

最後の砦が足を出して簡単にかわされては何のためのディフェンスかわかりませんよね?

 

相手に合わせて下がることで裏への抜け出しにも対応できますし、味方が戻ってくる時間を作りだすこともできます!

 

常に責任を持って自分がかわされたら点を取られるというくらいの気持ちでプレーすることが大切ですね(^^)

 

<Sponsored Link>

 

ボールの動きを予測する

 

4つ目のサッカーで良いディフェンスをするコツは次のボールの動きを予測することです!

 

1つ目のコツでボールをよく見てほしいと言いましたが、もうワンランク上のディフェンスを目指して次のボールの動きも予測してほしいのです。

 

サッカーボールが勝手に動き出すことがあり得ませんから、ボールが動くとすればそれは相手選手がボールに触るからです。

 

ということで、ボールの動きを予測するためにも相手の足の動きを見て次のボールの動きを予測することが良いディフェンスをするコツです。

 

サッカーを長くやっていると次の相手の動きはこうだなってわかる時がありますよね。

 

その感覚を磨いていって欲しいです!

 

相手より先に動くことができれば有利にディフェンスできますし、最悪相手と同じタイミングで動いても簡単にかわされることはないでしょう!

 

 

相手の動きをよく見てボールの動きを予測することでディフェンスするのがかなり楽になりますよ(^^)

 

 

 

気持ち

 

最後のサッカーのディフェンスのコツは気持ちです!

 

コツというのはわかりませんが、絶対にかわされないという気持ちでディフェンスすることが大切です。

 

仮に相手のフェイントに引っかかってしまって反応が遅れても全力で追っかければそう簡単にはかわされませんよ!

 

かわされても再び相手の前に立ちはだかることができるディフェンダーが良いディフェンダーだと私は思います!

 

そのためにも絶対にかわされないという気持ちと絶対のボールを奪ってやるという気持ちが重要です!

 

足が遅くても反応が遅くても気持ちがあればきっと良いディフェンスができますよ(^^)

 

 

 

まとめ

 

サッカーで良いディフェンスをするためのコツをご紹介してきました!

 

私がディフェンスするなかで重要だと思っていたことをご紹介しました。

 

サッカーのディフェンスを上手くやるコツは色々ありますが、やはり練習の中で自分のディフェンスというものを作ることが大切です。

 

足の速さに自信がないなら相手の動きを読んで先に動くための経験を身に付けるなどですね。

 

いずれにせよ、ディフェンスをするなら絶対かわされないという気持ちがあればどうにでもなりますよ!

 

 

あなたのディフェンスの上達に役立てれば嬉しいです(^^)

 

<Sponsored Link>

 - ディフェンスの仕方