サッカーで良く曲がるカーブシュートの蹴り方のコツ!

      2019/05/26

 

サッカーで攻撃をやるなら身に付けておいて損はないのがカーブシュートです!

 

カーブシュートはプレー中はもちろんフリーキックでも絶大な威力を発揮します!

 

ゴールポストの外側から曲がってゴールに入ってくるカーブボールはキーパーもかなり取りにくいですからね。

 

取りにくいということはそれだけ得点の可能性が高まるということです!

 

ただ、カーブシュートって蹴るのがけっこう難しいですよね。

 

上手く回転がかからず曲がらなかったり、回転を意識し過ぎてふかしてしまったりなんてことも多くなります。

 

という訳で今回は、サッカーの試合で使えるカーブシュートの蹴り方のコツをご紹介していきます(^^)

 

インサイドに近いインフロントで蹴る

 

サッカーのカーブシュートの蹴り方のコツの1つ目はインサイドに近いインフロントで蹴ることです!

 

色々な場所でカーブを蹴る練習をしてみましたが、一番良いカーブがかかったのがインサイド気味のインフロントでした。

 

インフロントで蹴るのは一番回転をかけやすく蹴る力も入れやすいのでおススメです!

 

人によって足の形なども違うので自分が一番しっくりくる場所でカーブを蹴ってみると良いでしょう(^^)

 

 

蹴るのはボールの中央より外側の少し下

 

サッカーでカーブを蹴るための蹴り方のコツの2つ目はボールの中央より外側の少し下を蹴ることです!

 

これも私が色々なボールの位置を蹴ってみて一番良いカーブが蹴れたポイントです。

 

このポイントよりも外側を蹴ってしまうと回転がかからなくなってしまいますし、上側や下側を蹴ってしまうとふかしたり飛距離がでなかったりします。

 

正直ボールの中央より外側の少し下というポイントはわかりづらいかもしれませんが、蹴っているうちに一番カーブを蹴りやすいポイントがわかると思いますので練習あるのみです!

 

 

あごを引いて胸を張る

 

カーブの蹴り方には蹴る時の姿勢と言うのも重要です!

 

3つ目のカーブシュートの蹴り方のコツはあごを引いて胸を張りながら蹴ることです!

 

カーブシュートはインフロントで蹴る分、ボールが上に浮きやすくなってしまいます。

 

当然ボールが上に浮き過ぎればふかすことになり得点にはなりません。

 

シュートはゴールの枠内に入れないと意味がないですから、そのために姿勢に気を付けるのです!

 

 

あごを引いて胸を張ると体の重心が自然に下側にいくのがわかると思います。

 

重心を体の下にすることでボールを蹴る力を強くなり、蹴ったボールをふかしにくくなるという訳です!

 

ちょっとしたコツなんですが、私は速いカーブを蹴れるようになりましたし、ふかすこともなくなりましたよ(^^)

 

 

ボールをこすり押し出すように蹴る

 

カーブシュートを蹴るためのコツの4つ目はボールをこすり押し出すように蹴ることです!

 

ボールをこするように蹴るのはボールに回転をかけるためですね。

 

そして押し出すように蹴るのはボールに勢いをつけて速度を出すためです!

 

カーブというのはボールを蹴る力とボールにかかる回転が上手く合わさった時に蹴れるものです。

 

なので、ボールをこすり押し出すように蹴ることがカーブシュートの蹴り方には重要なコツになるのです!

 

 

軌道のイメージ

 

サッカーでカーブを蹴るコツの5つ目は軌道のイメージをすることです!

 

いくらカーブの蹴り方を知っていてもカーブの軌道をイメージできなければ上手くカーブを蹴ることはできません。

 

自分が蹴るボールは美しい回転できれいな弧を描きながら曲がるというイメージを持つのです!

 

上手くカーブが蹴れる人はボールの軌道のイメージを無意識に意識できているのです。

 

 

カーブに限らずシュートを打つのなら自分がこのような軌道でシュートを打ちたいというイメージは必ず持った方が良いです!

 

イメージすることは物事の成功に大きく影響します。

 

良いカーブシュートのイメージを持ちながらシュートを打つと、案外簡単に思うようなボールが蹴れたりしますよ(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーでカーブシュートを上手く蹴るための蹴り方のコツをご紹介してきました!

 

カーブを蹴れると得点力が高まりますし、フリーキックを任されることもあるでしょう。

 

カーブシュートはそれだけ効果的な技なのです!

 

何でもできたほうが有利にプレーできますので是非カーブも身に付けてみてはいかがでしょうか(^^)

 

 - シュート