サッカーでインターセプトを確実に成功させる3つのコツ!

      2019/08/22

 

私がディフェンスをやっていた時に地味に気に入っていたテクニックがあります。

 

それはインターセプトです!

 

サッカーのインターセプトは見ていても何なのかよくわからないですし、やればできるんじゃない?と簡単に見られそうですが難しいですね。

 

難しいからこそできるとカッコイイですし、インターセプトできれば攻撃が有利になります!

 

ということで今回は、サッカーでインターセプトを成功させるためのコツを私の経験を交えてご紹介します(^^)

 

インターセプトとは?

 

インターセプトとはinterceptという英語で横取りするという意味です。

 

サッカーのインターセプトも文字通り相手からボールを横取りすることです。

 

例えば、Aチームの選手が出したパスをAチームの選手が触る前にBチームの選手が奪うことをインターセプトと言います。

 

サッカーでインターセプトするには、パスコースの予測・一瞬のダッシュ・相手パスのトラップなどに気を遣うので見ているほど簡単な技ではないのです。

 

 

パスの出し手を見る

 

サッカーでインターセプトを成功させるコツの1つ目はパスの出し手を見ることです。

 

インターセプトするボールはどこから来るのかと言えば、相手チームのボールを持ったパスの出し手です。

 

インターセプトをするならパスの出し手をしっかりと見て、どこにパスを出しそうかということを予測します。

 

相手のパスの出し手の考えを読むためには、相手の目を見るのもコツですね。

 

パスの出し手も人間ですから、パスを出す前には必ずパスを出す方向を見ます。

 

その目線を見逃さずにパスコースを予測しましょう。

 

きっとサッカーをやっているあなたなら、パスの出し手がどの辺にパスを出しそうかなんてだいたいわかりますよね?(^^)

 

その感覚を研ぎ澄ませることがインターセプトに大切なコツです!

 

 

パスコースをあけておく

 

サッカーでインターセプトを成功させる2つ目のコツはパスコースをあけておくことです。

 

簡単に言うと、ここにパス出せるよーって相手を誘うのです。笑

 

わざとパスが出せるような間合いを作っておくということですね。

 

パスコースをあけておくと、パスの出し手は必ずパスをします。

 

そうなったらあなたの勝ちです!笑

 

あとはボールをインターセプトするだけですからね。

 

パスコースをあけるための間合いと言うのはサッカーをやってきた経験によって違いますので、自分がインターセプトできるギリギリの距離を理解しておくことが大切です。

 

 

蹴る瞬間にダッシュ

 

サッカーでインターセプトを成功させるコツの3つ目は相手がボールを蹴る瞬間にはダッシュしておくことです。

 

パスの出し手がパスを出すと思った瞬間にダッシュするのです!

 

自分の予測を信じてダッシュするのです!

 

このダッシュが一瞬でも遅れてしまうと、パスをインターセプトするのは難しくなってしまいます。

 

インターセプトは失敗すると攻められるリスクもありますが、成功すればまたとない攻撃の機会となります。

 

失敗を恐れていては良いインターセプトはできないので、リスクなど考えず自分がインターセプトからチャンスを作るイメージだけ持っていれば良いのです。

 

自信と成功イメージが必ずあなたのインターセプトを成功へと導きます。

 

パスが出る瞬間には走り始めておくというコツを忘れないでください!

 

 

まとめ

 

サッカーのインターセプトを成功させるためのコツをご紹介してきました!

 

インターセプトに大切なのは予測自信です。

 

相手の考えを読み、絶対のボールを奪ってやるという気持ちがインターセプトを成功させます。

 

あなたならできます!

 

インターセプトを決めてチームのチャンスを作り出しちゃいましょう(^^)

 

 - ディフェンスの技