上質なインフロントキックを送り届けるための蹴り方のコツ!

      2018/03/21

上質なインフロントキックを送り届けるための蹴り方のコツ!

 

<Sponsored Link>

 

パスの種類は色々ありますが、ロングボールの蹴り方で一番良いのはインフロントキックです!

 

ふわっと浮いた優しいパスを蹴れますし、バックスピンをかければ味方が受けやすいパスを送れます!

 

インフロントキックは色々な場面で使える反面、マスターするのが難しい蹴り方でもあります。

 

という訳で今回は、サッカーで良いインフロントキックを蹴るための蹴り方のコツをご紹介します(^^)

 

 

ボールの下側をなでるように蹴る

 

サッカーで上手くインフロントキックをする蹴り方のコツの1つ目はボールの下側をなでるように蹴ることです!

 

上手くボールの下側を蹴ることができるとボールに飛距離と高さがでます。

 

よくインフロントキックが遠くに飛ばないという人がいますが、それはボールの真ん中や上側を蹴ってしまっているからです。

 

遠くに飛ばしたいのなら力むのではなく、リラックスしながらボールの下側を蹴ることに集中すると良いインフロントキックが蹴れますよ!

 

そして、なでるように蹴るというのはボールの下側をこするように優しく蹴るということです!

 

思いっきり力を込めるような蹴り方でなくとも、ボールの下側を優しく蹴ってあげるだけでボールはしっかりと飛んでいきます。

 

私は色々なスポーツをやっているので別の球技でインフロントキックの蹴り方をイメージすると、テニスや卓球で球にバックスピンをかけるようなイメージです。

 

と言っても、テニスや卓球をやらない人にはわからないですよね。笑

 

ただサッカーで上手くインフロントキックの蹴り方がわからない人は蹴るイメージができていない可能性があるので、テニスや卓球を見てイメージを作ることも重要かもしれません。

 

 

 

重心を軸足側にかける

 

サッカーで上手いインフロントキックの蹴り方のコツの2つ目は重心を軸足側にかけることです!

 

プロのサッカー選手もインフロントキックを蹴る時は少し体を軸足側に倒すような蹴り方をしているのがわかると思います。

 

インフロントでボールを蹴るとなると人間の体の構造上少し体を傾ける必要が出てきます。

 

ボールの下側をなでるように蹴り狙った方向に飛ばすためには重心を軸足にかけて体を傾ける必要があるということですね!

 

 

私は軸足側に重心をかけるためにも、軸足の指の付け根が地面についている状態で蹴るようにしていました!

 

足の指の付け根を地面につけておくと重心を軸足側にかけられますし、体の芯が安定するのでボールに蹴る力が伝わりやすくなります!

 

これはちょっとしたコツですから試してみてください(^^)

 

<Sponsored Link>

 

つま先から太ももまでを真っすぐにする

 

3つ目の良いインフロントキックの蹴り方のコツは蹴る足のつま先から太ももまでを真っすぐにすることです!

 

蹴る足を真っすぐにして一本のラケットのようなイメージにするとボールに蹴る力が伝わりやすくなりますしボールの下側も蹴りやすくなります。

 

それに足をラケットのようなイメージにすると、ボールを狙った方向に飛ばしやすくなります。

 

参考までに知っておくと役に立つかもしれませんよ(^^)

 

 

 

軌道をイメージする

 

サッカーのインフロントキックの蹴り方のコツの4つ目は軌道をイメージすることです!

 

正直、私がインフロントキックの蹴り方で一番大切だと思うコツです!

 

私の考えでは、人間の体には頭で想像したことを達成できる力があると思います!

 

ですので、まず自分がどんなインフロントキックを蹴りたいのかを頭に思い描くことが重要です!

 

ここからインフロントで蹴ってあそこに飛んでいくように蹴る、というような軌道のイメージをすることで体が勝手にインフロントキックを成功させてくれます!

 

思い描くことさえできれば体は思うように動いてくれます。

 

イメージすることはどんなプレーにも役立つことであり、私自身が何度も体験しているので確実に効果があります!

 

頭でイメージするコツを是非試してみて下さい(^^)

 

 

 

まとめ

 

サッカーで良いインフロントキックするための蹴り方のコツをご紹介してきました!

 

技術的なことも必要ですが、とにかくボールの軌道をイメージしてインフロントキックが成功している様子を頭の中に思い描いて欲しいです!

 

イメージできれば体は動いてくれますからね!

 

インフロントキックには人それぞれの蹴り方がありますし、これが正解という蹴り方もないので自分が一番蹴りやすい蹴り方を身に付ければ良いと思います!

 

その中で私のコツが少しでも役に立てば嬉しいです(^^)

 

<Sponsored Link>

 - パス