サッカーのスイッチとは何か?意味が2つあるって知ってる?

   

<Sponsored Link>

 

サッカーのスイッチとは何なのか知っていますか?

 

サッカーの試合を見ているとスイッチという言葉はけっこう聞きますよね!

 

だけど、意味が良くわからないなーなんて時ありますよね。

 

攻撃のスイッチ?スイッチプレー?何のことだ?って感じですよね!

 

実はサッカーのスイッチには2つの意味があるのです!

 

ということで今回はサッカーのスイッチとは何なのかについてご紹介していきます(^^)

 

 

スイッチとは?

 

サッカーのスイッチとはボールや人の受け渡し攻守の切り替えという2つの意味があります!

 

スイッチとはswitchと書き、交換する・転換する・切り換えるという意味ですね。

 

スイッチの1つ目の意味のボールや人の受け渡しはボールや人をスイッチすること・ボールや人を交換すること、受け渡すことからきているのでしょう。

 

スイッチの2つ目の意味の攻守の切り替えは攻撃と守備をスイッチする・攻撃と守備を切り換えるですかね。

 

では、サッカーの2つのスイッチとはについてもう少し詳しく紹介します(^^)

 

 

 

攻撃のスイッチ・守備のスイッチ

 

サッカーでは攻撃のスイッチ・守備のスイッチという言葉を使います!

 

攻撃のスイッチとは攻撃に移るための始まりとでもいいましょうか。

 

例えば、フォワードにくさびのパスを出すこと、素早い縦パスを入れること、大きくサイドチェンジをすること、などなど攻撃の始まりとなるようなプレーを攻撃のスイッチと言います!

 

相手の様子を見ながらゆっくりとパス交換をしている中でいきなり攻撃のスイッチを入れることで相手のスキを突き得点にも繋げられるということです!

 

 

次に守備のスイッチとはボールを奪う守備の始まりのプレーという感じですね!

 

例えば、前線でのフォワードのプレスやチェイス、インターセプトを狙う、などなどが守備の始まりとなるようなボールを奪うプレーを守備のスイッチと言います!

 

守備のスイッチを入れることで相手からボールを奪う準備をしているということです!

 

 

サッカーのスイッチとは攻撃や守備の始まりとなるようなプレーを表す言葉として使われているということです(^^)

 

<Sponsored Link>

 

ボールのスイッチ・人のスイッチ

 

2つ目のスイッチの意味としてはボールを受け渡すこと・人を受け渡すことですね!

 

まずはボールのスイッチから。

 

ボールを持っている選手とボールを持っていない選手の2人が交差するように動き、ボールの受け渡しをすることがボールのスイッチです!

 

このプレーがサッカーではスイッチプレーと呼ばれることもあります!

 

2人が交差することで相手のマークが一瞬戸惑うので、その瞬間を突いて上手くマークを外せるのがスイッチプレーの利点です!

 

ボールのスイッチ=スイッチプレー=ボールの受け渡しという感じで覚えておくと良いと思います!

 

 

次に人のスイッチですね!

 

サッカーでの人のスイッチとは簡単に言うと、マークする人の受け渡しということです!

 

サッカーはある程度ポジションが決まっているスポーツなので(マンマークは別)、自分のポジションでマークしていた相手選手が動き出したら味方に受け渡すようになっています。

 

この受け渡しが人のスイッチであり、人の受け渡しであり、マークの受け渡しということですね!

 

受け渡しという意味のスイッチも覚えておきましょう(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーのスイッチとは何かについてご紹介してきました!

 

サッカーのスイッチには2つの意味があります!

 

1つ目は攻守の切り換え・攻撃と守備の始まりで、2つ目はボールの受け渡し・人の受け渡しという意味です!

 

スイッチはスイッチでも時と場合によって意味が変わってきます!

 

どんなプレーで使われたスイッチなのかを考えてみるとスイッチとはどういう意味なのかがわかると思いますよ!

 

以上、ありがとうございました(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語