一発逆転役のスーパーサブをサッカー部目線で詳しく紹介!

   

<Sponsored Link>

 

スーパーサブが試合を決定付けたなんて聞いたことありませんか?

 

サッカーにはスーパーサブと呼ばれる選手がいます!

 

スーパーマンの名前じゃないですよ。笑

 

スーパーサブが機能するチームは層が厚くなりますし、競争によりチーム力アップにもつがります!

 

ということで、そんなサッカーのスーパーサブとは何なのかを詳しく紹介していきます(^^)

 

スーパーサブとは

 

サッカーのスーパーサブとは試合途中の投入で結果を出す控え選手のことです!

 

簡単に言うと、スーパーサブとは試合の切り札みたいなものですね!

 

わかりやすいのは試合の後半途中くらいから出場して得点を取って勝利に導くみたいな選手みたいな感じです!

 

普通のサブメンバーではなく、試合の流れを変えられるようなスーパーなサブメンバーということですね!笑

 

 

 

どんな選手がスーパーサブになれる?

 

スーパーサブとは言ってもスタメンにはなれないサブメンバーであることには変わりありません。

 

選手としての能力はあるが、スタメンとして使うには問題がある選手がスーパーサブになります。

 

例えばということでスーパーサブはこんな選手たちですね!

 

・めちゃくちゃ得点力は高いのに全く守備をしない選手

・スタメンで使うと後半最後まで体力がもたない選手

・全盛期を過ぎたベテラン選手

・トップチームに上がったばかりの若手選手

・仲間と連携ができない自己中プレーをする選手

 

能力が高いのは皆がわかっていますが、スターティングメンバーで使うとなると少し難がある選手ということですね!

 

まぁ限りなくスタメンに近いサブメンバーだと覚えておくと良いでしょう!

 

<Sponsored Link>

 

スーパーサブのポジションは?

 

サッカーのスーパーサブにポジションはありません

 

どこのポジションの選手でもスーパーサブになれるということです!

 

まぁ基本的にはフォワードかミッドフィルダーがスーパーサブと呼ばれやすいと思いますね!

 

理由は得点やアシストで目に見える結果を出せるからです!

 

スーパーサブは途中出場で結果を出す選手ですから、目に見える結果を出すことで自分の力を見せつけることができるからです!

 

一方、ディフェンダーでも試合の流れを変えられるくらいの選手であればスーパーサブと呼べるのでしょうが、ディフェンダーでは目に見える結果が出しにくいので判断に迷うということがありますね。

 

サイドバックが本職のスーパーサブの選手とかなら途中出場でサイドをガンガン切り裂いてアシストしたり得点を取ったりもできますけど、そんな選手ならスタメンで起用されますからね。笑

 

私的には攻撃的なポジションの選手の方がスーパーサブと呼ばれやすいと思います!

 

 

 

スーパーサブの効果

 

スーパーサブがいることでチームへの良い効果というのが多くあります!

 

今回は特に効果的だと思うことを3つ紹介します!

 

 

試合の流れを変えられる

 

スーパーサブの投入で一番効果があると思うのは試合の流れを変えられることですね!

 

ずっと攻められていたチームがスーパーサブの出場により息を吹き返し、スーパーサブの活躍で得点を奪い勝つとか。

 

拮抗している試合展開で相手選手も味方選手も疲れて動きが悪くなっている中、元気でフレッシュなスーパーサブが相手守備陣を掻き回すとか。

 

スーパーサブ一人の投入で試合をひっくり返せるというのが一番の効果だと思います!

 

 

戦術の多様化

 

スーパーサブがいる効果の2つ目は戦術を多様化できるということです!

 

まぁ相手に合わせて戦術を変えることができるようになるということですね!

 

例えば、相手ディフェンス陣に弱点があるならば2トップではなく3トップにして攻撃的なチームにすることができます!

当然、逆の戦術を取ることができます!

 

普段はスーパーサブの選手でもこのチームと戦う時は良く点を取るからスタメンで起用して早い時間帯に点を取って逃げ切るという戦法を取ることもできます!

 

監督の考え方や戦術にもよりますが、良いスーパーサブがいることで多くの戦術パターンを持つことができる訳ですね!

 

 

チーム内の競争でチーム力アップ

 

スーパーサブの効果の3つ目はチーム内の競争によるチーム力アップですね!

 

限りなくスタメンに近いスーパーサブがチームにいるということは現スタメンの選手はいつポジションを奪われてもおかしくない訳です。

 

スーパーサブの選手は体力をつけたり、守備をしたり、連携が強化できたりすれば、スタメンとして使われる可能性が高まる訳ですしね!

 

なので、スーパーサブにスタメンのポジションを奪われないようにも現スタメンの選手は更に努力をするでしょうから、結果として更にチーム力が高まる訳です!

 

これがチーム内競争によるチーム力アップという効果ですね!

 

 

 

スーパーサブの難しさ

 

かなりのメリットがあるように思えるスーパーサブですが、同時に難しさもあります。

 

スーパーサブとして出場する選手の側からの難しさと、スーパーサブを扱う監督側からの難しさを紹介します。

 

 

試合に入っていく難しさ

 

スーパーサブとして出場する選手側からの難しさは試合に入っていくことだと思います。

 

私も現役の時にスーパーサブ的なポジションの経験があるのですが、難しいと思っていたのはすんなり試合に入っていくことでした。

 

フィールドの外から見ている分には感じないのですが、いざフィールドに立つと独特の空気感であったり、試合展開の速さがあったりしてすんなり試合に入れないこともありました。

 

特に重要な試合や大会の時はフィールド上の選手はかなり集中しているので、同じレベルで試合に入る難しさというのは感じましたね。

 

その中でスーパーサブとして結果を出すというのがいかに難しいことであるかはある程度想像できるのではないか思います。

 

 

次に監督側としてスーパーサブを扱う難しさですね!

 

スーパーサブはスタメンに近いと言ってもサブであることに変わりはありません。

 

選手であれば誰でもスタメンで試合に出たいですからね。

 

自分の身に置き換えてみるとわかると思いますが、自分の実力がある程度認められている中で控えというのは納得できないと思いませんか?

 

しかもスーパーサブと言っても、試合の展開次第では出番がないこともありますからね。

 

実力がある自負があるのに試合に出られないとなれば、監督に不満がたまるのが選手であり人間というものです。

 

こんなスーパーサブを上手く扱うことができるかどうかというのが監督の難しさであり、手腕になってくるわけですね!

 

現実にも監督と選手の不仲というのは良く聞く話ですよね。

 

私もあるサッカーゲームで監督をやっていますが、我が強い選手がサブに腹を立てることがよくあります。笑(まぁゲームですけどね。笑)

 

能力のある選手たちをどうやって上手くまとめていくのかというのも監督の手腕でありスーパーサブを扱う難しさということですね!

 

 

 

まとめ

 

サッカーのスーパーサブについてご紹介してきました!

 

スーパーサブというのは試合の流れを変えたり、途中出場で結果を出す控え選手のことで、切り札みたいなものですね!

 

サッカーのスーパーサブは試合の流れを変えるという意味なのでポジションはなく、スーパーサブになれる選手はスタメンとしてはあと一歩必要な選手です。

 

スーパーサブがチームにいると戦術や競争の面でチームの力を高めるという効果がありますね!

 

と同時に途中から試合に入る難しさやスーパーサブを扱う難しさもあるのですが。

 

スーパーサブというのは詳しく説明するとこんな感じでした!

 

最後までありがとうございました(^^)

 

<Sponsored Link>

 - オフェンスの技