サッカーの足元とはプレーに不可欠なボールの扱い方!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーには面白い専門用語が多いですね!

 

サッカーで足元って聞いたことありますよね?

 

足元が上手いとか足元の技術が高いとか実況の人が言いますよね!

 

サッカー経験者には普通の言葉ですが、サッカーを知らない人にとってはよくわからない言葉でしょう!

 

ということで、今回はサッカーの足元とは何なのかについてご紹介していきます(^^)

 

 

足元とは

 

サッカーで足元とはボールの扱い方を意味します!

 

足元でボールをタッチすることから来ているのではないかと思いますね。

 

サッカーで足元と言っていたら、足の下ということではなく、足の下でボールを扱うことだということです!

 

足元は他にもボールタッチやボールを扱う技術という言い方もされます。

 

一つの言い方で統一してくれたら便利なのですが、色々な言い方があるのはいかにも日本のサッカー用語という感じがしますね!

 

では、サッカーの足元とはどんなプレーのことをいうのか具体的に紹介します!

 

 

 

足元の具体的なプレー

 

足元といって私が一番に連想するのはボールキープです!

 

ボールを扱う技術が高ければ高いほど優雅にボールキープができるからです!

 

ボールキープを見ればその選手の技術や上手さがだいたいわかりますしね。

 

 

足元のプレーと言えばの次はドリブルですね!

 

相手をドリブルでさらさらかわしていける選手は決まって足元の技術が高いです!

 

まぁ足元(ボールタッチ)の技術が高いから自由にボールを扱ってドリブルできる訳なんですけどね!

 

 

あとは足元と言えばトラップですかね!

 

足下にきたボールをピタッと自分の思うようにコントロールできる選手は足元の技術は高いですからね!

 

 

足元のプレーとは足の下でボールを扱うプレーだと思っておけばオッケーですよ(^^)

 

<Sponsored Link>

 

足元の訳

 

では最後に足元というサッカー用語の訳について簡単にまとめておきます!

 

足元の技術が高い→ボールタッチの技術が高い

 

足元が上手い→ボールの扱い方が上手い

 

足元のテクニック→ボールタッチの技術

 

 

サッカーの試合を見ている時に使われる言葉の訳はこんな感じです!

 

これで少しは足元とは何なのかわかってもらえたら嬉しいです(^^)

 

 

 

まとめ

 

サッカーの足元とは何なのかについてご紹介してきました!

 

サッカーの足元とはボールを扱い方という意味です!

 

足元は他にもボールタッチとかボールを扱う技術とも言われます。

 

言い方は違いますが意味は同じなのであまり気にしなくて良いですよ!

 

以上、サッカーの足元とはについてでした!

 

ありがとうございました(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語