PK職人とは熟練したPKの技術を持つ優れたプレーヤー!

      2019/05/26

 

サッカーにはPK職人と呼ばれる人がいます!

 

PKというのはペナルティキックのことなので、PK職人というのはペナルティキックの職人ということです!

 

とは言っても、PKの職人って何?って思いますよね。笑

 

PKを上手く蹴る職人なのか?

 

PKをとめる職人なのか?

 

ということで、今回はサッカーのPK職人とは何なのかについてご紹介していきます(^^)

 

PK職人とは?

 

サッカーのPK職人とは熟練したPKの技術を持つ選手のことです!

 

職人というのは熟練した技術を持つプレーヤーを表すので、PK職人というのはPKについて熟練した技術を持つ選手のことなのです!

 

そして、PKというのは蹴る選手と止める選手がいます!

 

つまり、サッカーのPK職人というのはPKを決める選手とPKを止める選手の両方に使われる言葉なのです!

 

 

PKを止める職人

 

一般的に想像するPK職人はPKを止める方のPK職人だと思います!

 

PKを止める方のPK職人とは熟練したPKセーブの技術を持つゴールキーパーのことですね!

 

PKというのはゴールキーパーにとっては圧倒的に不利な戦いです。

 

なので、より多くPKをストップできるゴールキーパーを称える意味もこめてPK職人と呼びます!

 

ちなみに、優れた世界的なゴールキーパーでもPKのセーブ率は40%前後だそうです。

 

10本中4本PKを止めるゴールキーパーはかなり熟練したPKセーブ技術を持っているといえるので、このようなゴールキーパーをPK職人と言いますね(^^)

 

 

PKを決める職人

 

では次にPKを決める方のPK職人についてですね!

 

PKを決める職人とはPKを決める技術が熟練しているプレーヤーのことです!

 

PKは蹴る方が圧倒的に有利なので決めて当然の空気もありますが、それでも100%に近いPK成功率の選手はすごいですよね!

 

大舞台でPKを蹴るプレッシャーは相当なものだと思いますし、人間ですからPKを失敗することもありますしね。

 

なので、PKを確実に決めることができる選手もPK職人と呼ばれます!

 

ちなみに、PKは決めて当然と言われるものなので、10本中10本決めるくらいの選手がPK職人と呼ばれるに相応しいですよね!

 

ですが、PKを蹴る回数が多かったり、大舞台で蹴るプレッシャーを考慮したり、相手ゴールキーパーがPK職人だったり、することを考えるとPK成功率が90%もあればPK職人と呼べるのではないでしょうか!

 

10本中9本決めるくらいの選手ならPK職人と呼ばれて良いと思いますね(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーのPK職人とは何なのかについてご紹介してきました!

 

サッカーのPK職人とは熟練したPKの技術を持った選手のことです!

 

PKには蹴る選手と止める選手がおり、より多くPKを決められる選手・より多くPKを止められる選手がPK職人と呼ばれます!

 

もしPK職人と呼ばれる選手を見つけたらじっくりと観察してみるとPK職人の仕事ぶりが存分に見られて楽しいと思いますよ(^^)

 

 - 用語