オーバーエイジ枠を知っている人はかなりのサッカー通だね!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーのオリンピックが近くなると度々話題になるのがオーバーエイジ枠ですね!

 

オーバーエイジ枠を誰にするか、オーバーエイジ枠は必要か、オーバーエイジ枠って何?などなど4年に一度のお決まりという感じですね!笑

 

まぁオリンピックは4年で一回しかないのでサッカーのオーバーエイジ枠について忘れてしまうのも仕方ないですよね(^^;)

 

ただ、やはりオーバーエイジ枠は良く話題になるので覚えておいた方がいいと思います!

 

ということで、今回はサッカーのオーバーエイジ枠についてご紹介します(^^)

 

オーバーエイジ枠とは?

 

オーバーエイジ枠とはサッカーオリンピックなどで年齢制限を超えて出場できる選手の枠のことです!

 

オーバーエイジ(overage)というのは「~の年齢を超える」という意味です。

 

つまり簡単に言うと、オーバーエイジ枠というのは年齢制限を超えた枠ということですね!

 

基本的にオリンピックなどのオーバーエイジ枠は3枠と決まっているので、制限年齢を超えて出場できる選手は3名までとなっています!

 

少し分かりづらいかもしれないので、例を挙げてみます!

 

例えば、23歳以下という年齢制限があるオリンピックですと、オーバーエイジ枠で3名までなら24歳以上の選手を出場させられるということですね!

 

 

 

オーバーエイジ枠は絶対使うの?

 

サッカーのオリンピックなどでオーバーエイジ枠は絶対に使わなくてはいけないの?って思いますよね。

 

結論から言うと、オーバーエイジ枠は使わなくても良いのです!

 

使わなくてもいいので使っても良いのです!笑

 

まぁサッカーのオーバーエイジ枠というのは良い面も悪い面もありますから、利用するかしないからそれぞれの国の好きにしていいよということですね!

 

もちろん、オーバーエイジ枠の人数は3つ全ての枠をつかっても良いですし、1名でも2名でも良いのです!

 

オーバーエイジ枠を使うか使わないかで各国の考え方も見えてきますね(^^)

 

<Sponsored Link>

 

オーバーエイジ枠は必要か?

 

さて、4年に一回必ずと言っていいほど議論になるのがオーバーエイジ枠の必要性です(^^;)

 

物事が存在するということは何かしら良い点があるからこそなのですが、オーバーエイジ枠は必要ないんじゃないかという意見もあります。

 

ということで、オーバーエイジ枠の良い点と良くない点を紹介します!

 

オーバーエイジ枠の一番のメリットはチームを強くできることです!

 

オリンピックに出場する選手は23歳以下と決まっているのでまだまだ経験の浅い選手が多く選ばれます。

 

経験が浅い選手ばかりではチーム力としても少し心配ですよね?

 

だからこそ、チーム力アップのためにオーバーエイジ枠を使って経験豊富な24歳以上の選手を出場させるのです!

 

23歳以下のオリンピックとはいえ出るからには優勝したいと思うのが普通ですよね?

 

優勝するために経験豊富で力のある24歳以上の選手を使いたいと思う国の気持ちもわかりますよね(^^)

 

それと若手選手は経験豊富な選手から技術や気持ちの面などで多くのことを学べることもメリットですね!

 

若手が一流のプレーヤーと一緒にプレーできることはサッカー人生において大きな財産になるでしょうね!

 

 

一方、オーバーエイジ枠のデメリットとしては若手の出場機会の減少チーム崩壊の危険があります。

 

まずオーバーエイジ枠の経験豊富な選手がいると若手(23歳以下)の選手の出場枠が減りますね。

 

サッカーは11人でやるものなので枠が決まってるのは当然ですね。

 

所属クラブでなかなか出場できないような若手選手が国際大会で経験を積むというのもオリンピックの目的の1つなので、優勝したいからとはいえ若手の出場機会を減少させるのはどうなのかということです。

 

次にオーバーエイジ枠でベテラン選手を入れるとチームが崩壊する危険もあります。

 

あまりに我が強い選手をオーバーエイジ枠で入れると、チームの輪を乱す可能性もあるのです。

 

わかりやすくすると、23歳以下の若手会社員の中に35歳の経験豊富な社長をぶち込むようなもんですからね。(余計にわかりにくい?笑)

 

年齢が離れていれば趣味や話題も違うでしょうし、仲良くなるのが難しいこともありますよね?

 

サッカーはチーム競技ですから、一人でも浮いた選手がいるとチームの輪を乱してしまうのです。それが例え経験豊富なベテラン選手でも変わりないでしょう。

 

ということで、若手とベテランが一体になれないとオーバーエイジ枠はマイナスになることもあるということです(^^;)

 

 

 

オーバーエイジ枠の選び方

 

ではオーバーエイジ枠はどのような基準で選ばれているのでしょうか?

 

私が選んでいる訳ではないので本当のところはわかりませんが、今までオーバーエイジ枠の選手たちの特徴などを考えて選考基準について紹介してみます!

 

1.能力

 

オーバーエイジ枠の選手は能力で選んでいることが多いですね!

 

まぁチームを強くするために上手い選手を選ぶのは当然ですよね!笑

 

 

2.万能性

 

プレーの万能性で選手を選ぶというのもオーバーエイジ枠の特徴です!

 

一人で複数のポジションをこなすことができれば、急なケガ人などで選手を失った時の対応もしやすくなりますからね!

 

 

3.チームの精神的な支え

 

チームを精神的に支えられる選手もオーバーエイジ枠で良く選ばれます!

 

まだまだ若い選手たちですから、不測の事態で一気に崩れることもあります。

 

そんな不測の事態が起きてもチームを支えることができる選手が一人でもいるとチームの安定感は全く違いますからね!

 

 

4.スター性

 

世界的に有名なスター選手がオーバーエイジ枠に選ばれることも多いです!

 

記憶に新しいのはブラジル代表のネイマール選手ですかね!

 

オリンピックはどうしても若手選手の出場が多くなってしまうので、注目度が少し下がります。

 

そんな中にでもネイマール選手ほどのスターがいれば、試合を見たくなりますよね?笑

 

本当はどうかわかりませんが、国民の注目を得るためにスター選手をオーバーエイジ枠に選ぶこともありそうですね。

 

 

5.協調性

 

チームの輪を乱さない協調性もオーバーエイジ枠には必要でしょう!

 

誰とでも仲良くできて、若手を認めてフォローしてあげられる選手が良いオーバーエイジがしれません!

 

 

私だったら、この1~5を基準にしてオーバーエイジ枠を選びますね(^^)

 

 

 

まとめ

 

サッカーのオーバーエイジ枠についてご紹介してきました!

 

オーバーエイジ枠というのは年齢制限を超えて出場できる選手の枠のことです!

 

オリンピックなどでオーバーエイジ枠を採用することは賛否両論ですが、採用されている以上オーバーエイジ枠のプラスの面を見るべきではないかと思います。

 

これからも4年に一度サッカーのオーバーエイジ枠についての話題がでると思いますので、

覚えておくと良いと思います(^^)

 

読んで頂きありがとうございました!

 

<Sponsored Link>

 - 用語