オフェンスとは攻撃すること全てを意味する便利な言葉!

   

<Sponsored Link>

 

オフェンスの意味って何ですかね。

 

サッカーとかバスケットボールとかでオフェンスしろって言われて意味わかりますか?

 

スポーツをやっていればわかるかもしれませんが、何もやっていなかった人にはよくわかりませんよね!

 

ということで今回はオフェンスの意味についてご紹介していきます(^^)

 

 

オフェンスの意味

 

オフェンスは英語でoffenseと書き、意味は罪・感情を傷つけること・攻撃などです!

 

まぁスポーツのサッカーとかバスケットボールとかでいうオフェンスの意味は攻撃のことですね!

 

攻撃のことをカッコよく英語で言っているのがオフェンスということですね(^^)

 

 

 

オフェンスとは?

 

スポーツのオフェンスが攻撃を表すということがわかったところでオフェンスの細かい意味も紹介します!

 

1.攻めること

 

1つ目は攻めることという意味で使われるオフェンスですね!

 

監督や先生にオフェンスをしろーと言われたら、攻撃をしろー、攻めろーと言われていると思って問題ありません!

 

一般的に得点を奪うスポーツでは攻撃をしないと勝てないですからね!笑

 

点を取って勝つためにオフェンスをしろと言っている訳です!

 

 

2.攻撃側の人間

 

2つ目は攻撃をする人間という意味で使われるオフェンスですね!

 

彼はオフェンスだねとか、君はフォワードだからオフェンスだよとか、人間のことをオフェンスと表すこともあります!

 

この時のオフェンスは攻撃をする人間・攻撃側の人間という意味を表します!

 

攻撃のする側の人間とか言っていると長くて面倒なのでオフェンスという一語で言うんでしょうね。笑

 

 

一口にオフェンスと言っても、状況や示すモノによって意味が少し変わることもあるので、基本的には攻撃のことだと思っておけばオッケーです(^^)

 

<Sponsored Link>

 

サッカーのオフェンスの意味

 

もう少し具体的な例とかがあるとわかりやすいと思うので、サッカーを例にオフェンスの意味について紹介します!

 

・オフェンスをしろ

 

サッカーでオフェンスをしろと言われたら、どんどん攻めて点を取ってこいということです!

 

シュート・ドリブル・パスもオフェンスという言葉で表せます!

 

相手のボールを奪ったらボーっとしてないでガンガン攻めて点を取ってこいということですね!笑

 

 

・オフェンスのポジション

 

サッカーで言うオフェンスのポジションとは攻撃をするポジションのことです!

 

基本的にはフォワードがオフェンスのポジションで、ミッドフィルダーも攻撃と守備が半々くらいなのでオフェンスです!

 

ですが、最近のサッカーは全員攻撃・全員守備なので、人によってはオフェンスのポジションは全員だなんて言う人もいるかもしれませんね。笑

 

 

 

まとめ

 

オフェンスの意味についてご紹介してきました!

 

オフェンスとは攻撃の全てを表せる便利な言葉です!

 

オフェンスの意味が良くわからなかったとしても、攻撃関連のことを言っているのだなと思っておけばオッケーです!

 

皆意味なんてだいたいで使っていますし、オフェンス=攻撃という理解で問題ありません!笑

 

以上です、ありがとうございました(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語