ロストボールとはサッカーで自分のミスにより失ったボール!

   

 

サッカーでロストボールというのを知っていますか?

 

ロストボールはボールロストと言ったりもしますね!

 

ロストの意味がわかればだいたいどんなものなのかはわかりますかね。

 

テレビとかでもたまにしか聞かない用語なので、意外と知られていないサッカー用語かもしれませんね!

 

ということで、今回はサッカーのロストボールについてご紹介していきます(^^)

 

ロストボールとは

 

サッカーのロストボールとは失ったボールを表します!

 

ロストは英語で失ったという意味です。

 

まぁ簡単にいうとロストボールとは相手に渡ってしまったボールということですね!

 

私の経験ですと、自らのミスで相手に渡ってしまったボールのことをロストボールと言う気がします。

 

自らの過失により失ったボールという感じですかね!

 

 

失ったと奪われたの違いは?

 

ロストボールは失ったボールという意味です!

 

話は少し変わりますが、サッカーでは相手ボールになった時に奪われたという表現もします。

 

普通に相手の取られたボールを奪われたボールと言うのですから、奪われたボールと失ったボールって何か違うのかって思いませんか?

 

結局相手ボールになっている事実は同じですしね。笑

 

なので、失ったボールと奪われたボールの表現について考えてみたところ、自分のミスで相手に渡ってしまったボールのことをロストボールと言っている気がします!

 

持っていたボールを自分のミスでロストして(失って)しまった、というボールをロストボールと言っているのだと思います!

 

逆に奪われたボールというのは、文字通り、相手のプレスやプレッシャーやインターセプトにより無理やりボールを奪われた時に使われる表現なのだと思います!

 

よく考えれば、日本語の意味通り受け取れば良い話ですね(^^)

 

 

ロストボールの例

 

ではロストしたボール、失ったボールとはどんなボールなのでしょうか?

 

奪われたボールではなく、相手に渡ってしまったボールとはどんなボールなのでしょうか?

 

ロストボールの例を簡単に挙げていきます!

 

・ドリブルを仕掛けた時にコントロールをミスして相手に渡ってしまったボール

・パスをしたが相手の足に当たって相手に渡ってしまったボール

・パスが長すぎて味方に合わず相手に渡ってしまったボール

・トラップミスして相手に渡ってしまったボール

・コントロールミスでボールがフィールド外に出てしまい相手に渡ってしまったボール

Etc

 

どの例も自分のミスによりボールをロストして相手にボールが渡ってしまったというのがわかると思います!

 

ただし、よく見てみると自分のミスではありますが、積極的に攻撃した時に起こるロストであることも多いかもしれません!

 

チャレンジの結果のボールロストであれば、価値のあるロストボールなのではないでしょうか!

 

 

まとめ

 

サッカーのロストボールについてご紹介してきました!

 

ロストボールとは失ったボールという意味で、自分のミスで相手に渡ってしまったボールを表します!

 

ボールを失ったという表現とボールを奪われたという表現は一見同じようにも思えますが、実は少しだけ違うと思います。

 

ボールを失ったというのは自分のミスにより相手にボールが渡ってしまった時の表現です。

 

一方、ボールを奪われたというのは相手の力量が自分を上回っていて無理やり奪われてしまった時の表現です。

 

微妙に意味が違うので、ミスで失ってしまったボールのことをあえてロストボールという風に言っているのだと思います!

 

ロストボールはミスにより生まれますが、果敢にチャレンジした結果のロストの場合も数多くありますのでロストの過程の見極めも重要かと思います(^^)

 

 - 用語