ルーズボールを上手く処理してサッカーを有利に進めていけ!

   

 

一見重要には見えないのがサッカーのルーズボールですね!

 

ですが、試合を決めることもあるくらいルーズボールは重要です!

 

ルーズボールを拾えたから得点できた!

ルーズボールを拾えなかったから失点した。

 

ルーズボール一つで試合の勝敗が変わることもありますからね!

 

ということで、今回はサッカーのルーズボールについてご紹介していきます(^^)

 

ルーズボールとは?

 

ルーズボールとはどちらのチームも所有していないボールのことです!

 

ルーズボールはloose-ballと書き、放たれたボール・あいまいなボールという意味ですね!

 

まぁ簡単に言うと、フィールドに放たれたどちらのチームのボールでもないあいまいなボールということです!

 

ちなみに、ルーズボールはこぼれ球と呼ばれたりもしますね(^^)

 

 

具体的なルーズボール

 

ではどちらのチームのボールでもないルーズボールというのは具体的にはどんなボールなのかでしょうか!

 

例をいくつか挙げていきます!

 

・空中戦で競り合った後、誰もいない方向へ飛んでいったボール

・シュートがポストに当たり跳ね返って、誰もいない方向へ飛んでいったボール

・キーパーがシュートを弾き、誰もいない方向へ転がったボール

・相手のドリブルが自分の足に当たり、誰もいない方向へ転がったボール

・パスミスして、誰もいない方向へ飛んでいったボール

 

だいたいルーズボールというのはこんな場合のボールたちです!

 

冷静に思い返せば、ルーズボールというのは試合中にかなり多く存在していますね!

 

 

ルーズボールの処理の仕方

 

ルーズボールはどちらのチームのボールでもないので、上手く自分のボールとして処理できればチャンスになる訳です!

 

ということで、ルーズボールをどう処理したらよいかと言うと、ズバリ体を入れにいくのです!

 

競り合っている相手選手とルーズボールの間に自分の体をねじ込むのです!笑

 

体を入れてしまえばルーズボールをマイボールにするのは簡単ですよね!

 

ですので、ルーズボールを上手く自分のボールにするためにはボールと相手の間に体を入れるようにするということです!

 

ちなみに、足を出したり、足でいってしまうとファールになってしまいますので、しっかりと体を入れにいく意識をしましょう!

 

 

相手に先に触られてしまったら?

 

ルーズボールの処理で体を入れにいったが、相手の方がスピードが速くて先にボールに触られてしまったということもあるでしょう!

 

そうなったらまず足を出さないでじっくり構えましょう

 

ルーズボールを奪われたからといって闇雲に足を出してかわされでもしたら、相手にビックチャンスが生まれてしまいます。

 

ルーズボールを先に触られたら、落ち着いて足を出さず様子を見ます!

 

 

そして、次にボールとゴールの間に立つようにポジションをとります!

 

ルーズボールを奪われてしまったのですから、すぐに切り替えてディフェンスをするということですね!

 

相手がボールを持ったらシュートコースを切るためにゴールとボールの間に位置するのは基本中の基本ですよね!

 

 

シュートコースを切ったら、あとはパスコースの限定ですね!

 

相手のパスコースを縦切りするのか・横切りするのかは状況によりますが、相手のプレーの幅を狭めていくような位置取りをしていくということです!

 

 

ルーズボールを先に触られてしまったとしても、焦らずにしっかりとディフェンスをしていくことが重要ですね(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーのルーズボールについてご紹介してきました!

 

ルーズボールとはどちらのチームのボールでもないあいまいなボールのことです!

 

空中戦のこぼれ球、シュートの跳ね返り、シュートのこぼれ球などサッカーの試合では多くのルーズボールが存在します!

 

ルーズボールを上手く処理してマイボールにするためには体を入れることが重要になります!

 

もしも、体を入れることができず相手に先にルーズボールを拾われてしまったら、焦らず、足を出さず、ボールとゴールの間に位置取り、パスコースを限定しディフェンスすることが必要です!

 

ルーズボールを拾えればサッカーを有利に進められるのは確実です!

 

ルーズボールの重要性を認識しておくことも大切かと思います(^^)

 

 - 用語