ロングパスをピタッとトラップできちゃう5つのステップ!

   

 

サッカーのロングパスを上手くピタッとトラップするのって難しいですよね!

 

思ったところにトラップできなかったり、トラップがデカすぎたり…

 

良いロングパスがきてせっかくチャンスになりそうでも、トラップミスをしたら全てが台無しですからね。笑

 

どんなロングパスでも完璧にピタッとトラップしてチャンスに繋げられるような選手になりたいですよね?

 

ということで、今回はロングパスをピタッとトラップできるようになるステップをご紹介していきます(^^)

 

落下地点の予測

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップの1つ目は落下地点の予測をすることです!

 

ロングパスが蹴られた時点でボールがどこに落ちてくるかを瞬時に予測し、落下地点でのトラップをイメージすることが重要です!

 

ロングパスは飛距離や滞空時間が長いので、落下地点を正確に予測できることが良いトラップに繋がります!

 

トラップというのは事前の準備が大切ですからね!

 

 

軸足の力を抜く

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップの2つ目は軸足の力を抜くことです!

 

ロングボールをトラップする一瞬前に軸足の力をふっと抜くことがピタッとトラップするコツです!

 

軸足の力を抜くというのは地面と軸足の接地面をつま先だけにする・地面に体重がかからないよう力を抜くことです!

 

おそらくトラップの上手い選手は無意識にやっている行動なので、プロのトラップの瞬間映像とかを見てみると軸足の力を抜くという意味がわかると思います!

 

 

足にボールをくっつけるイメージを持つ

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップの3つ目は足にボールをくっつけるイメージを持つことです!

 

ボールに足が触れる前の最終ステップですね!

 

ロングパスとして飛んできたボールがピタッと足にくっつくイメージを持ってトラップに臨むことが重要です!

 

ロングパスにただ足を出すのではなく、足にボールをくっつけるイメージを持つことでトラップの成功率が跳ね上がります!

 

要は自分がロングパスのトラップに成功したイメージを持って欲しいということです!

 

 

ボールを優しく受けとめる

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップの4つ目はボールを優しく受けとめることです!

 

いよいよ、足にロングボールが触れるステップです!

 

ボールを優しく受けとめるトラップというのは足を極力動かさず、ボールを待ち構えて、優しく包み込むように受けとめてあげるという感じのトラップです(^^)

 

言うなれば、タマゴを手でキャッチするようなイメージですかね!笑

 

ロングパスが足に触れる瞬間に足を少し引いてボールの勢いを殺してあげるとさらにピタッとトラップができます!

 

ロングパスをピタッとトラップするためにはボール優しく包み込むように受けとめることが一番重要なコツだと覚えておいてください!

 

ちなみに、体に近い所のロングパスはインサイドで、体から遠い所のロングパスはつま先でトラップするようにすると更にトラップしやすいですよ!

 

 

体の動きを止める

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップの5つ目は体の動きを止めることです!

 

更にトラップの精度を高めるために付け加えるならば、体の動きを止めるというステップが必要です!

 

体の動きを止めるというのは体の時を止める・体全体の力を抜くという感じです!

 

次のプレーを急ぐと足にも体にも余計な力がかかりトラップミスをしてしまいますからね。

 

体の動きを止め、足の動きを止め、ボールを優しく受けとめてあげることがロングパスのトラップを成功へと導いてくれます!

 

 

まとめ

 

サッカーでロングパスをピタッとトラップできようになるステップを紹介してきました!

 

ロングパスをピタッとトラップできるステップをおさらいするとこんな感じです!

 

1.落下地点の予測

2.軸足の力を抜く

3.足にボールくっつけるイメージを持つ

4.ボールを優しく包み込むように受けとめる

5.体の動きを止めると更に良い

 

ロングパスのトラップは足でボールを受けるだけではうまくいきません。

 

ボールの軌道の予測から体全体の動かし方やボールの受けとめ方まで、多くの要素がトラップの成功に必要だということですね!

 

ロングパスをピタッとトラップできるとサイコーに気持ち良いですよ(^^)

 

 - オフェンスの技