スペイン代表イスコが本当に輝くポジションはナシだった!

   

<Sponsored Link>

 

スペイン代表のイスコ選手は知っていますよね!

 

クラブでは出場機会があまりない選手ですが、スペイン代表には欠かせない選手になっていますね!

 

独特のボールタッチとドリブルで相手を翻弄してゴールを奪うのがイスコ選手です!

 

そんなイスコ選手のポジションってどこなんでしょうね。

 

ミッドフィルダーでプレーすることもあれば、フォワード気味の高い位置でプレーすることもありますからね!

 

ということで、今回はスペイン代表イスコ選手のポジションについてご紹介していきます(^^)

 

 

イスコのポジション

 

イスコ選手のポジションはミッドフィルダーですね!

 

ミッドフィルダーならサイドハーフでもインサイドハーフでもプレーすることができますしね!

 

あとイスコ選手はウイングやトップなどフォワードのポジションでもプレーすることができます。

 

ただ、イスコ選手はボールを待って輝くプレーヤーではなく、自分からボールを迎えに行ってボールに多く触ることで輝くプレーヤーだと思いますので、ミッドフィルダーとしてプレーする方が良いかなと思います!

 

スペイン代表ではミッドフィルダーとして試合をスタートしますが、ディフェンダーの位置でボールを貰ったり、フォワードの位置に顔を出したりとあっちこっちに現れるのでどこがイスコ選手のポジションなのかわかりませんよね?

 

実はこれがイスコ選手が一番輝くポジションで、ポジションがなく自由に動けることがイスコ選手を本当に輝かせるのです(^^)

 

 

 

レアルマドリードでのポジション

 

イスコ選手はスペイン代表では大活躍しますが、所属クラブのレアルマドリードではあまり活躍できず出場すらあまりできません。

 

これはイスコ選手が自由に動くことができず、ポジションがある程度固定されていることが理由でしょう。

 

レアルマドリードは4-3-3のフォーメーションを採用しており、絶対的エースであるクリスチアーノロナウド選手を最大限に生かすチームになっています!

 

クリスチアーノロナウド選手が自由に動けるようなフォーメーションになっているため、イスコ選手は自由にプレーできないということですね。

 

ということで、レアルのようにポジションを固定されるとイスコ選手の輝きは失われてしまいます。

 

ポジションがあるとイスコ選手は輝けない訳です。

 

<Sponsored Link>

 

スペイン代表でのポジション

 

一方、スペイン代表では4-4-2や4-5-1というフォーメーションが採用されており、イスコ選手はミッドフィルダーとしてプレーできます!

 

試合開始時は左サイドミッドフィルダーの位置にいますが、試合が始まればフリーマンとして自由にフィールド上を動きボールを受けにいくことができるようになっているのです。

 

このようにスペイン代表ではポジションはあってないようなものなので、イスコ選手は最高に輝けるという訳ですね!

 

スペイン代表の選手たちは皆がボールを触り、皆が比較的自由に動けるシステムになっているのでイスコ選手自身もやりやすいのでしょうね。

 

ポジションがない(自由に動ける)ことがイスコ選手を最高に輝かせるポジションだということです(^^)

 

 

 

まとめ

 

スペイン代表イスコ選手のポジションについてご紹介してきました!

 

イスコ選手が最高に輝くポジションはありません!笑

 

ポジションはナシということです!笑

 

ポジションが固定されてしまうと輝きが半減するイスコ選手は、フィールド上を自由に動きまわれるようにポジションがない方が良いということですね!

 

ポジションがない方が輝く選手なんてイスコ選手くらいですかね。笑

 

イスコ選手が輝けばチームの勝利も近づくでしょうから、イスコ選手にはポジションを与えない方がいいですね(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 海外選手