簡単にサッカーのドリブルが上達する練習方法を特別公開!

      2017/07/27

簡単にサッカーのドリブルが上達する練習方法を特別公開!

 

<Sponsored Link>

 

サッカーではゴールを決めた人が一番目立ちます。

 

当然点を取りたいと思うかもしれませんが、ゴールを取るのと同じくらい目立てるのがドリブルです。

 

サッカーのドリブルは見る人が見ないとすごさがわかりませんが、自分が納得できるドリブルができるようになるだけで良いですよね!笑

 

ただ、サッカーのドリブルはそんなに簡単でもないし練習方法もわからないと思います。

 

という訳で今回は、仲間内でドリブラーとして一定の評価がある私が自分の経験からサッカーの試合中にドリブルで活躍できるようになるための練習方法をご紹介します(^^)

 

あなたのドリブルをワンランクアップさせる練習方法ですので必見ですよ!

 

 

ボールタッチ

 

サッカーのドリブルの練習方法ですが、まずはボールタッチの練習法をマスターしましょう。

 

ドリブルに必要なボールタッチの練習方法はどんどんボールに触ることです。

 

簡単に言うと、ドリブルに必要な繊細なボールタッチというのはサッカーボールを触ることでしか養えないということです。

 

そして、ボールタッチの練習法の時に気を付けて欲しいことがあるのでご紹介します。

 

 

 

優しく触る

 

ただ単にボールを触っていれば良いわけではなく、ボールの触れ方に意識しながらボールタッチをするのが私の練習方法です。

 

ドリブルで一番大切とも言えるのがとにかく優しいボールタッチです。

 

ですので、足でガラス細工を触るくらい優しいイメージでサッカーボールにタッチする練習をしてください。

 

触るというよりなでるという感覚でも良いです。

 

他にもボールをどんどん触ることで、ボールを動かす時の力の加減であったり、ボールのどの部分を触るとどの方向に動くかなどの感覚を掴んで欲しいです。

 

 

ボールをたくさん触り、なでるような優しいボールタッチを身に付けられれば足からボールが離れない最強のドリブルが完成しますよ(^^)

 

 

 

姿勢

 

ボールタッチの練習方法をする時には姿勢にも気を付けて下さい。

 

良いドリブルには良い姿勢が絶対必要です。

 

どんな姿勢が良いかと言うと、背筋がピンと伸びて頭のてっぺんを糸でつられているような姿勢がベストです!

 

 

姿勢が良いと次への動作がスムーズになりますし、何より疲れにくくなります。

 

ドリブルは一瞬の動きで勝負が決まるので相手よりも体がスムーズに動くほうが有利です。

 

そして、サッカーの試合の最後まで自分のドリブルをするためには疲れにくくすることも大切ですので体への負担を減らすためにも姿勢には気を付けて下さい。

 

 

 

S字ドリブル

 

サッカーのドリブルの練習方法としてオススメなのがS字ドリブルです。

 

先にご紹介したボールタッチの練習法をするのも大切ですが、より実践に近い形での練習も大切です。

 

ですので、ボールに優しくふれることができるようになったらやって欲しいS字ドリブルの練習法を簡単に説明します。

 

 

S字ドリブルの練習方法

 

1.目印を40センチくらい(ボール1つ通る幅)ごとに直線に並べる

※目印はマーカーでもコーンでも石でもなんでも良いです

 

2.目印をかわすようにボールを右→左、左→右と動かす

 

3.ダブルタッチのように右→左、左→右と素早くボールを動かし角ばったS字を描く

 

 

目印をS字を描くようにダブルタッチでかわしていくと、ボールのタッチと姿勢を意識する良い練習方法になります。

 

目的はボールを足から離さないことにもあるので意識をしながら練習してみて下さい。

 

<Sponsored Link>

 

動画を見る

 

さて、ここまでは自分でボールを触ってのドリブルの練習方法についてご紹介してきましたが、何もボールを触るだけがドリブルの練習法ではありません。

 

動画を見ることもドリブルの練習法には最適です。

 

今はネット上に多くのプロサッカー選手のドリブル映像があります。

 

「サッカー、ドリブル」などで検索すれば多くのドリブル映像が見られますので、プロのドリブルを見て勉強しましょう。

 

あなたが目標としている選手がいるのであれば、その選手のドリブル映像を何度も見て足の運び方であったり、ボールの触り方や動かし方を頭に入れましょう。

 

ドリブルを目で見ることで体も動かしやすくなりますので、雨の日などは家で動画を見ることも重要な練習法です。

 

 

 

イメージする

 

最後のサッカーのドリブルの練習方法はイメージすることです。

 

何をイメージするのかと言うと、自分がサッカーの試合でドリブルで活躍している場面をイメージするのです。

 

自分なら絶対にできる、思うようなドリブルができるという自信がドリブルを上達させてくれます。

 

自分の目指すドリブルで相手をかわすイメージをするとも言えますね。

 

シザースで相手をかわす場面、ダブルタッチで相手をかわす場面、エラシコで相手をかわす場面など多くの成功イメージを持ちましょう!

 

イメージが多くあればあるほど、ドリブルの成功率が高まります。

 

 

あなたは驚くはずです。

 

サッカーの試合中に自分がイメージしていたドリブルと現実のドリブルが重なることを。

 

 

 

まとめ

 

サッカーのドリブルの練習方法についてご紹介してきました。

 

ドリブルで大事なのは優しいボールタッチ・姿勢・イメージ・自信です。

 

 

あなたが目標とする選手のドリブルがしたいなら、そのドリブルをマスターするための練習方法を自分で考えてみるのも楽しいですよ。

 

サッカーは楽しくやるのが一番ですからね!

 

 

あなたのドリブルの練習方法の参考になれば嬉しいです(^^)

 

<Sponsored Link>

 - ドリブル