サッカーのヘディングを頭にしっかり当てるコツ!

      2017/05/11

サッカーのヘディングを頭にしっかり当てるコツ!

 

<Sponsored Link>

 

ヘディングは難しいですよね(^^;)

 

頭に当たるので痛いですし、私は正直得意ではないです!笑

 

ただ、サッカーをやっているのであればヘディングは必要になりますので、ヘディングのコツをお伝えしようと思いますが、まずは少し前置きを!

 

ヘディングは色々な使い方があり、遠くにボールを飛ばすためのヘディングであったり、シュートをするための強いヘディングであったりもします!

 

色々なヘディングがありますが、どんなヘディングにしても一番大切なのはボールを頭にしっかり当てることであり、これが一番重要なヘディングのコツになります!!

 

私は頭にしっかりボールを当てられるようになってから、ヘディングシュートの威力やヘディングでのクリアが格段に良くなりました!!

 

ですので、今回はボールを頭にしっかり当てるためのコツをご紹介します(^^)

 

 

頭に当たるまでボールを目で見る

 

ヘディングをするときにボールを当てる場所は、おでこと髪の毛の生え際が良いと言われており、私も生え際に当てるイメージで良いと思います!

 

当たる瞬間は目で見ることはできないので、目で見えている間はボールから目を離さないようにしてください!

 

 

歯を食いしばり、頭を固定する

 

ボールが頭に当たると、頭にかなりの衝撃がかかります!

 

その衝撃の瞬間に歯を食いしばり、口と頭周辺に力をいれることでボールの芯をしっかりととらえることができ、頭にしっかりとボールを当てることができます!

 

口を開けていると舌をかむ危険性もでてきますので、口を閉じ歯を食いしばるようにしてください!

 

<Sponsored Link>

 

体全体でボールを押し返す

 

ボールの衝撃は頭だけでは耐えきれないので体全体を使ってボールを押し返すように意識しましょう!

 

歯を食いしばれば頭周辺には力を入れられますが、体全体にも力を入れていたほうがボールの衝撃を体全体で受けとめられるので、ボールの衝撃による頭のブレを少なくすることができます!

 

このほうがボールをしっかりと頭に当てられます!

 

 

ヘディングした後のボールの軌道をイメージする

 

頭にボールをしっかりと当てるコツで一番重要だと思うのが、ヘディングした後のことまで考えイメージすることです!

 

簡単にするため、ヘディングの一連の流れを説明します!

 

1.ボールが飛んで来たら、いち早くボールの落下地点にいく

2.ボールを飛ばしたい方向を確認し、イメージする

3.ボールを最後までしっかり見て、髪の生え際に当てる

4.イメージしていたボールを飛ばしたい方向へヘディングする

 

流れはこんな感じです!

 

慣れれば無意識でできるようになりますので、できるまではイメージしてヘディングするようにしてください(^^)

 

 

 

まとめ

 

ヘディングは得意な人と不得意な人がわかれるものだと思います!

 

ただ、得意でない人でも、今回説明したコツを意識してヘディングすれば、しっかりと頭にボールを当てることができます!!

 

頭にしっかり当てることができるようになれば、強いヘディングシュートや強いクリアなども簡単にできるようになります!

 

慣れるまでは練習あるのみなので、頑張ってください(^^)

 

<Sponsored Link>

 - ヘディング