サッカーのハットトリックには隠された特別な意味がある!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーのハットトリックって聞いたことありますか?

 

鳩のマジックではありませんよ!笑

 

テレビとかでハットトリックハットトリックって騒いでる実況がいたりしますよね?

 

サッカーを知らないと何を騒いでいるのかと思いますが、実はハットトリックにはすごい意味があったのです!

 

ということで今回はサッカーのハットトリックの意味についてご紹介してきます(^^)

 

ハットトリックとは?

 

ハットトリックとは一試合に一人で3得点取ることを意味します!

 

一試合に3点ってそんなにスゴイことかというとスゴイことなのです!

 

だいたいサッカーの試合は一試合で両チーム合わせて3点入れば結構点が入った試合だったなと思うもので、1つのチームが一試合に3点以上取れることはほぼありません。

 

最近のサッカーは守備の戦術も良くなっているので、簡単には点が入らないのです。

 

そんなサッカー環境の中で、一人の選手が一試合に3点取るというのがどれだけ難しいのかわかっていただけると思います!

 

それだけ難しい一試合に3点という成果を上げたことに対して賞賛の意味も込めてハットトリックという訳なのです(^^)

 

 

ちなみに、私のサッカー人生では公式戦で一度もハットトリックなんてできてませんね。笑

 

点を取るのも難しいのに一人で3点なんてとれないですよ(^^;)

 

 

ハットトリックは英語の意味

 

ハットトリックは英語から来ている言葉です!

 

もとはクリケットから来ているそうですね。

 

英語ではハットトリック以外にも、一試合に一人で6点取るとダブルハットトリック、一試合に一人で9点取るとトリプルハットトリックと言います!

 

普通に考えて一試合で6点とかありえないですね。笑

 

よっぽど相手が弱くないとこんなに点は取れないですし、まして一人で6点も取るなんてズルでもしない限りあり得ないですね。笑

 

<Sponsored Link>

 

スペイン語のハットトリックは?

 

さて、サッカーは世界中で行われているので他の国ではハットトリックを意味する言葉がないのかと疑問になりますよね!

 

そこで最近のサッカーを語るのに欠かせないスペインでのハットトリックの言い方をご紹介します!

 

スペイン語ではハットトリックはトリプレタ(tripleta)が同じ意味ですね!

 

 

イタリア語のハットトリックは?

 

サッカーでイギリス・スペインと言えばあとはイタリアですね!

 

イタリアでもハットトリックを表す言葉がありトリプレッタ(tripletta)と言います!

 

ほぼスペイン語と同じですね!笑

 

ヨーロッパの言葉は少しつづりが違うくらいで意味はほぼ同じですしね。

 

あとイタリア語では一試合に一人で2点取ることをドッピエッタとも言います。

 

イタリアでは2点取るだけでも難しく賞賛されるべきだと考えているのでしょうね!

 

 

まとめ

 

サッカーのハットトリックの意味をご紹介してきました!

 

サッカーで一人で一試合に3点も取るというのはなかなかできるものではなく、途轍もないことなので特別にハットトリックと言われます!

 

ハットトリックは一試合に3点取るという意味ですが、深く見てみると3点取ることが難しさという意味もわかります。

 

これからテレビなどでハットトリックの瞬間を見たらもっと興奮できそうですね!笑

 

また自分でハットトリックをしたのなら、自分で自分を褒めましょう!

 

ハットトリックは誰でもできることでなくスゴイことなのですから(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語