ダイナモとはサッカーの試合に勝つための原動力的な人!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーのダイナモとは何だか知っていますか?

 

ダイヤモンドじゃないですよ。笑

 

ダイナモはチームに一人いるだけでもかなりのアドバンテージになります!

 

もし私が監督をやっていたらダイナモ的な選手を一人は絶対にスタメンで使いますね!

 

そんなチームに欠かせない選手がダイナモです!

 

ということで今回はダイナモとは何なのかについてご紹介します(^^)

 

ダイナモとは?

 

サッカーでダイナモとは運動量豊富な選手のことです!

 

ちなみに本来のダイナモの意味は発電機で、発電機から由来してチームを動かす原動力になる運動量豊富な選手という意味で使われています!

 

プロの強いサッカーチームにはダイナモと呼ばれる選手が一人はいますね!

 

チームにいくら上手い選手がいてもダイナモとしてチームを支える原動力となる選手がいないとチームは上手く機能しないのです。

 

では次にポジション毎のダイナモについて紹介します!

 

 

中盤のダイナモとは?

 

サッカーでよく話題になるのが中盤のダイナモですね!

 

中盤でダイナモ的な選手は良く動いてチームに貢献するのでサッカーを知っている人から見るとけっこう目立ちます!

 

やっているプレーは派手でなく基本的なプレーですが、その仕事ぶりは目立ちます!笑

 

中盤のダイナモはディフェンス・パス・アシスト・インターセプト・シュート・カバーリング・センタリングなどなどやることがいっぱいです!

 

これだけの仕事を確実に正確にやるのでダイナモという名称が与えられたのだと思います!

 

プロの選手で中盤のダイナモと言える選手は最近ならレアルのモドリッチ選手とかバイエルンのビダル選手、マンCのフェルナンジーニョ選手とかですかね!

 

少し前だとイタリアのガットューゾ選手、フランスのマケレレ選手とかですね!

 

<Sponsored Link>

 

ディフェンスのダイナモとは?

 

ディフェンダーでダイナモと言われるのは基本的にサイドバックの選手で常にサイドを走り回っている選手ですね!

 

守備の時は最終ラインで守備をやって、攻撃のチャンスと見れば一気に前線に駆け上がり攻撃参加をするような選手がディフェンスのダイナモですね!

 

ディフェンス能力だけでなくドリブル能力やセンタリング能力も持っていないといけないので器用でスタミナがある選手じゃないとできないですね。笑

 

ディフェンスのダイナモと言われる選手はレアルのマルセロ選手とか元バルサのダニエウ・アウベス選手、日本なら長友選手でしょうね!

 

 

フォワードのダイナモとは?

 

考えてみたのですが、フォワードでダイナモあまりいないですね。笑

 

そもそもフォワードは得点を奪うことが仕事なので、ダイナモとして動き回っていたら肝心の得点チャンスをのがしてしまうかもしれないですしね。

 

チームとしては前線で動きまわってくれるのはありがたいですが、フォワードは得点を奪ってこそですからね(^^;)

 

最近でフォワードのダイナモと言えるのはレスターの岡崎選手ですね!

 

今となってはレスターの原動力というか心臓みたいな選手ですからね!

 

フォワードとしてあれだけ献身的にチームのためにプレーできる選手はなかなかいないですよね!

 

今の岡崎選手のプレースタイルでもう少し得点の数が上がると更に欠かせない選手になれると思います(^^)

 

 

 

まとめ

 

サッカーのダイナモとはについてご紹介してきました!

 

ダイナモとは本来発電機という意味で、サッカーでは運動量豊富なチームの原動力となる選手を表します!

 

得点を量産する選手や華麗なパスをだす選手も重要ですが、チームを陰から支えるダイナモと言われる選手もとても重要です!

 

テクニックには自信がないけど運動量には自信があるという選手はダイナモとして十分にチームに貢献できます!

 

どこの世界でも全力で頑張っている人のことは誰かが見ているものですよね(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語