サッカーの詰めるとは相手やボールに詰め寄るという意味!

      2019/05/26

 

サッカーには詰めるという言葉があります!

 

「詰めー」とか「しっかり詰めていましたね」とか言っている監督や実況の言葉を聞いたことがありますよね!

 

ただ、詰めるの意味がわからないと、何を詰めていたのか?詰めるって何?と思っちゃいますよね!

 

ということで今回はサッカーの詰めるとは何なのかについてご紹介していきます(^^)

 

詰めるとは?

 

サッカーの詰めるとは寄せたり近づいたりすることです!

 

わかりやすく言うと、サッカーの詰めるは詰めるというより詰め寄るという感じですね!

 

なので、相手に詰め寄る、ボールに詰め寄るというような意味で詰めるという言葉を使っています!

 

 

こぼれ球に詰める

 

サッカーの詰めるは大きく分けて2つの意味があります!

 

まず1つ目の詰めるはこぼれ球に詰めることです!

 

代表的なのはゴールキーパーがシュートを弾いてこぼしたボールに詰めることですね!

 

サッカーでフォワードを担う選手は、このゴールキーパーのこぼれ球への詰めも重要な仕事の1つになります!

 

ゴール前での詰めをしっかりできると、それだけで得点を奪えますからね!

 

 

あとは競り合った後のセカンドボールへの詰めですかね!

 

サッカーでは競り合った後こぼれた球に近づいていくのも詰めると表現しますね!

 

この場合の詰めるもボールへ近づいて詰め寄るという意味で使われます!

 

 

オフェンス時の詰めるというのは基本的にボールに近づいていく・ボールに詰め寄っていくという意味で使われるものだと覚えておいて良いと思います(^^)

 

 

相手選手へ詰める

 

サッカーの詰めるの2つ目の意味は相手選手へ詰めることです!

 

相手選手というのは相手フィールドプレーヤーのことです!

 

この場合の詰めるは相手選手との距離を詰める・相手選手に近づいていくという意味です!

 

わかりやすく言いかえれば、詰めるというのはプレッシャーに行くという意味と同じ意味を持っているということです!

 

なので、監督とかに「しっかり詰めろ」と言われたのなら「相手選手との距離を近づけてしっかりとプレッシャーをかけていけ」という意味ですね!

 

 

ディフェンス時の詰めるというのは基本的に相手選手に近づき詰め寄っていくという意味を持っていると覚えておきましょう(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーの詰めるという言葉についてご紹介してきました!

 

サッカーの詰めるとは相手やボールに詰め寄っていくという意味です!

 

オフェンス時ではキーパーのこぼれ球に詰めるとかセカンドボールに詰めるというような意味で使われます!

 

ディフェンス時では相手フィールドプレーヤーに近づいていくとかプレッシャーをかけに行くという意味で使われます!

 

まぁいずれにせよ、サッカーの詰めるとは詰め寄っていくという意味だと覚えておけば大丈夫ですよ(^^)

 

 - 用語