ロングフィードとはロングパスと何が違うのか考えてみる。

      2017/06/27

ロングフィードとはロングパスと何が違うのか考えてみる。

 

<Sponsored Link>

 

サッカーの試合を見ているとロングフィードという言葉を聞くことがあります。

 

ロングフィードってカッコイイ響きですけど何のこっちゃって思いますよね。笑

 

ということで、今回はロングフィードについてご紹介していきます!

 

ロングフィードと使い方に迷うロングパスについても簡単に紹介します。

 

 

ロングフィードとは

 

ロングフィードのフィードとは英語で供給するという意味です。

 

パスを供給するということですね。

 

つまり、ロングフィードとは長いパスの供給ということになります!

 

 

長いパスならロングパスと言えばいいですね?笑

 

なぜロングパスと言わないかというと、ロングフィードは味方にだすパスというよりは相手の裏のスペースなどに出すパスを指している場合が多いからです。

 

 

 

ロングパスとは

 

ロングパスは普通に文字通り長いパスです。笑

 

ロングパスは特定の味方へのパスを指している場合が多いです。

 

<Sponsored Link>

 

ロングフィードとロングパスの違い

 

では、ロングフィードとロングパスの違いを説明します。

 

ズバリ、明確な違いはないと思います。笑

 

 

私もかなり長いことサッカーをやっていますが、フィートとパスの明確な違いを聞かれると困ります。

 

テレビでサッカーを見ていると、解説やアナウンサーの人がパスやフィードを使い分けているようにも見えますが、人によって解釈が違うような気がします。

 

今のはロングパスでしょ?と思うようなパスをロングフィードと解説する人もいれば、ロングパスだと思うようなパスをロングフィードだと言っている人もいます。

 

 

こんなような理由から、ロングフィードとロングパスを明確に分ける必要もないのかもしれません。

 

どちらも長いパスだということに変わりはないので、それぞれの解釈で良いと思います。

 

使いたい方を使えば良いのではありませんか?(^^)

 

 

 

まとめ

 

ロングフィードとロングパスについてご紹介してきました。

 

ロングパスは味方を狙った長いパスで、ロングフィードはスペースを狙ったパスだと言われています。

 

ただ、人それぞれの感覚でどちらの言葉を使うかは違っているので、どちらを使っても良いと思います。

 

別にそこまで言葉を明確に分ける必要もないですしね(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語