ディフェンスラインとはサッカーの攻守に重要なライン!

   

<Sponsored Link>

 

サッカーのディフェンスラインって何か知っていますか?

 

サッカーをしている人ならディフェンスラインを上げるとか、ディフェンスラインを高くするとか聞きますよね!

 

テレビでサッカーを見る人はディフェンスラインって言葉は聞くけど何か意味あるのかと思いますよね?

 

実はディフェンスラインはサッカーの攻守に大きな意味があるのです!

 

ということで、今回はサッカーのディフェンスラインとは何なのかについてご紹介していきます(^^)

 

 

ディフェンスラインとは?

 

サッカーのディフェンスラインとはディフェンダーを線で結んだラインのことです!

 

ディフェンダーの4人(または3人)が横一列にキレイに並んでいる時に最終ラインとも呼ばれる線がディフェンスラインということになります!

 

さらに最終ラインはオフサイドラインと同じ意味としても使われます。

 

なので、サッカーのディフェンスラインとは最終ラインでありオフサイドラインであるということです!

 

 

 

ディフェンスラインを上げるの意味は?

 

サッカーをやっていたり、サッカーの試合をテレビで見ているとディフェンスラインを上げるという言葉をよく聞きますね。

 

ディフェンスラインを上げるとは最終ラインを上げること・オフサイドラインを上げることと同じ意味です!

 

ディフェンスラインを上げると言われるとなんだそりゃ?と思いがちですが、最終ラインを上げる・オフサイドラインを上げると言われればわかりますよね!

 

ディフェンスラインと言われてもあまり難しく考える必要はないということです(^^)

 

<Sponsored Link>

 

ディフェンスラインを高くするとどうなる?

 

ではなぜディフェンスラインを上げてラインを高くする必要があるのでしょうか。

 

ディフェンスラインを高くするメリットはこんな感じです!

 

・選手間の距離が近くなりコンパクトなサッカーができる

・高い位置からの守備でボールを奪える

・すぐに攻撃に繋げられる

・オフサイドを取りやすくなる

 

ディフェンスラインを高くすると相手陣内の相手ゴールに近いところでサッカーができるようになります!

 

当然相手ゴールに近い場所でプレーできるので得点のチャンスは高まりますよね!

 

例え相手にボールを保持されたとしても相手陣内でのキープであればほとんど脅威はないですし、逆に相手陣内でボールを奪えればすぐに攻撃が繋げられます!

 

ディフェンスラインが上手く高い位置でコントロールできるのであればオフサイドを取りやすくなることもプラスですね!

 

なので、どのチームもなるべくディフェンスラインを高く保ってプレーしようとする訳です!

 

 

ただし、ディフェンスラインを高くしすぎるとディフェンダーの裏に大きなスペースができてしまい裏を狙われやすくなるのが欠点です。笑

 

上手くオフサイドをかけられないと一気にピンチですからね。笑

 

ですので、ディフェンスラインの位置を高くすると言っても、チームやメンバーによってベストなディフェンスラインの位置は違うということも覚えておきましょう!

 

 

 

ディフェンスラインが低いとどうなる?

 

では逆にディフェンスラインが低いとどうなるのかも紹介します!

 

ディフェンスラインが低いメリットはこんな感じです!

 

・味方陣内に多くの選手がいるので守りが堅くなる

・ラインの上げ下げをしなくて済む

 

ディフェンスラインが低いということは自分のゴールの近くでプレーすることになります。

 

自分のゴール近くでプレーされるのは危険ですが、守備の陣形や連携が上手くできるのであれば、守備の人数が多いことは守備の堅さに繋がります!

 

それからディフェンスラインが低いとラインを上げなくても済みますね。笑

 

まぁラインを上げないことが良いかどうかはチームやメンバー状況にもよりますね。

 

 

ただ、ディフェンスラインが低いと相手ゴールが遠いので得点も奪えませんよね。

 

得点は奪われないけど、得点を奪えないという状況になります。

 

これではサッカーをする方も見る方もつまんないですよね?笑

 

仮に一人で点を取れるフォワードがチームにいるとするならば話は変わってきます!

 

10人で守備をして1人が点を取るというスタイルのチームであれば、ディフェンスラインが低いこともプラスになってくるわけですね!

 

 

 

まとめ

 

サッカーのディフェンスラインとは何なのかについてご紹介してきました!

 

ディフェンスラインとはディフェンダー同士を結んだラインのことで、最終ラインやオフサイドラインとも呼ばれます!

 

ディフェンスラインを上げてラインの位置を高くすると攻撃力が上がる反面、守備もリスクが高まります。

 

逆にディフェンスラインが低いと守備は安定するかもしれませんが、攻撃力がほとんどなくなります。

 

つまり、ベストなディフェンスラインの位置が高いか低いかというのはチームの戦術やメンバーの能力によって変わってくるということですね。

 

チームの戦術・メンバー・ディフェンスラインの位置がピタッとかみ合った時に最強のチームができるのでしょうね(^^)

 

<Sponsored Link>

 - 用語