バックパスのルールをサッカー初心者でもわかるよう説明!

      2019/05/26

 

サッカーのバックパスって聞いたことありますか?

 

サッカーの試合を見ていてもバックパスはあまりないですから、実際のバックパスは見たことがないかもしれませんね!

 

ただ、バックパスという言葉だけ聞いたことがある人はサッカーのバックパスがどんなものかわかりませんよね(^^;)

 

ということで今回はサッカーのバックパスのルールについてご紹介していきたいと思います(^^)

 

バックパスとは?

 

まずサッカーのバックパスとはバックパス・ルールのことです!

 

バックパス・ルールというのは簡単に言うとゴールキーパーが味方からのパスを手で触ることを禁止したルールです!

 

ただし、ゴールキーパーにパスしたからと言ってバックパスで反則が取られることはありません!

 

違いがわかりますか?笑

 

詳しくは後で説明します!

 

 

とりあえずですね、世間で言われるバックパスという言葉は基本的にバックパス・ルールを表しています!

 

ただ単にバック(後ろ)にパスすることではないのですね。笑

 

 

バックパスになるのはどんな時?

 

では簡単な説明ではわかりづらいバックパスの反則ついて詳しく紹介します!

 

バックパスのルールで反則を取られるのは次の2通りです!

 

1.ゴールキーパーが同じチームの選手からの意図的に蹴られたパス手で触った

 

2.ゴールキーパーが同じチームの選手からのスローイン手で触った

 

1に関しては同じチーム・意図的(故意)なパス・GKが手で触るという3つの条件が3つとも揃った時にバックパスの反則を取られます!

 

なので、同じチームの選手からの意図的なパスをゴールキーパーが足で触る分には全く問題なく反則にはなりません!

 

また、同じチームの選手からのパスが意図的でなければゴールキーパーが手で触ってもバックパスにはなりません!

 

同様に同じチームの選手からのスローインをゴールキーパーが足で触る分にはバックパスにはならないのです!

 

 

バックパスになる体の部位は?

 

バックパスの条件に蹴られたパスというのがありますが、同じチームの選手のパスでも足でのパスでなければバックパスのルールは適用されません

 

蹴るというのは基本的に足でものをつくことですから、足でのパスでなければバックパスにはならないということです(^^)

 

ちなみに、バックパスのルールで足というのはくるぶしからつま先までのことです!

 

なので、バックパスのルールでは頭・胸・太もも・膝でのパスはバックパスの反則になりません

 

プロの試合でも頭でボールをゴールキーパーに返す場面は良く見ますが、反則にはなりませんからね!

 

 

それとバックパスのわかりづらい部位として脛(すね)があります!

 

基本的にすねでのパスはバックパスの対象外となっていますが、審判によってはすねでもバックパスとして反則を取られることもあります!

 

審判によってはすねを足と判断する場合もありますので、すねでゴールキーパーへパスすることはやめたほうが良いでしょう!笑

 

 

バックパスをすると相手に間接FK

 

サッカーでバックパスをして反則を取られるとどうなるのか知っていますか?

 

バックパスでの反則は相手に間接FKが与えられます!

 

間接FKが与えられる場所はゴールキーパーがボールに手で触った地点です!

 

ペナルティエリア内ならば基本的にキーパーがボールに触った場所からの間接FKで、ゴールエリア内でボールに触ると一番近いゴールエリアのライン上(ゴールラインに平行な線)からの間接FKになります!

 

バックパスは間接FKになること間接FKが与えられる場所は覚えてとくと良いですね(^^)

 

 

バックパスの疑問

 

ここまでサッカーのバックパスをあれこれ紹介してきましたが、これってどうなのって疑問もあると思いますので、私が考えた疑問と答えを紹介しときます(^^)

 

 

疑問1.自分の足でボールを上に上げて頭でゴールキーパーにパスしたボールはバックパスの反則になる?

 

答1.バックパスの反則になる。いくら頭でパスしているとは言えバックパス・ルールの裏をかくようなものはダメ。

 

 

疑問2.ゴールキーパーがペナルティエリア外でバックパスの反則をしたらどうなる?

 

答2.バックパスの反則ではなくハンドの反則になり相手に直接FKが与えられる。

 

 

疑問3.Aチームの選手がシュートしてBチームの選手の足に当たったボールをBチームのゴールキーパーが手で取ったら反則になる?

 

答3.ゴールキーパーが同じチームの選手の足に当たったボールを手で触っても故意(意図的)でなければ反則にはならない

 

あなたの疑問は解決されましたか?(^^)

 

 

まとめ

 

サッカーのバックパスについてわかりやすいように説明してきましたがいかがでしたか??

 

バックパスと巷で言われている言葉はバックパス・ルールのことを表しています!

 

決して後ろにパスすることではありません。笑

 

バックパスは3つの条件が揃った時に初めて反則になりますし、体の部位やゴールキーパーがボールに触る場所など細かくてわかりづらいルールでもあります。

 

プロのサッカーの試合ではバックパスの反則はほとんどないですが、サッカーの知識として知っておくと更にサッカーを楽しめると思います(^^)

 

 - ルール